「ずっとPS4で出したかった」『SUPERHOT』開発チームにミニインタビュー | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「ずっとPS4で出したかった」『SUPERHOT』開発チームにミニインタビュー

家庭用ゲーム PS4

「ずっとPS4で出したかった」『SUPERHOT』開発チームにミニインタビュー
  • 「ずっとPS4で出したかった」『SUPERHOT』開発チームにミニインタビュー
  • 「ずっとPS4で出したかった」『SUPERHOT』開発チームにミニインタビュー
  • 「ずっとPS4で出したかった」『SUPERHOT』開発チームにミニインタビュー

E3 2017で、待望のPS4およびPS VR版の発売が決定し、日本国内向けにも同時発表が行われた、時間操作FPS『SUPERHOT』。Game*Spark編集部は、E3開催地の米国ロサンゼルスで、同作開発元のSUPERHOT Teamメンバーを取材。ミニインタビューで、PS4とPS VR版『SUPERHOT』の特徴や魅力を語ってもらいました。

===== ===== =====

――まずはお二人のプロフィールから教えてください。

Szymon Krukowsi:Szymonです。『SUPERHOT』のPRマネージャーを担当しています。どうぞよろしく。

Marcin Surma: Marcinといいます。『SUPERHOT』のアートディレクターをやっています。

――今回のE3 2017では、『SUPERHOT』のPS4版と、PlayStation VR対応が発表されました。移植が実現した経緯を教えてください。

Marcin Surma: PS4とPS VRは素晴らしいプラットフォームなので、以前からずっと出したいと望んでいました。PlayStation VRと PlayStation Move モーションコントローラーへの対応については、PCの『SUPERHOT VR』開発当初から興味があって、今回PS4版とPS VR版のバンドル「SUPERHOT MIND IS SOFTWARE BUNDLE」をリリースできることもうれしく思っています。


――あらためて、PlayStationユーザーに向けて、『SUPERHOT』の魅力を教えてください。

Marcin Surma: 『SUPERHOT』は、“自分が動くときだけ、時間が進む”というコンセプトを持ったファーストパーソンシューターです。もし、敵の弾丸が飛んできても、コントローラーで一切操作をしなければ何も起こりませんし、VR版なら身動きをしなければいいのです。ゆっくり慎重に弾を避けてもいいし、銃を宙に放り投げてもいいし、プレイヤーが好きな行動を取ることができます。アートディレクターの私としては、斬新なビジュアルにも注目してほしいです。真っ白なコンクリートの壁、クリスタル風の真っ赤な敵、それらが攻撃をうけると粉々に砕け散る様は、とても素晴らしいです。

Szymon Krukowsi: 本作のカラー設計は、シンプルながら練り込まれたものです。赤は危険な存在、黒はインタラクトできるもの、それ以外はすべて白。プレイヤーがひと目見ただけで直感的に把握できるカラー設計になっているのです。

――『SUPERHOT』は、FPS初心者でも遊べますか?

Marcin Surma: FPSの遊び方を知らないユーザーでも、とっつきやすいゲームだと思います。「FPSは苦手」「こんな早く撃てない」といった声をよく聞きますが、『SUPERHOT』なら、敵を銃で撃つときも、次に何をすべきかじっくりと考えてから行動できるので、反射神経も必要ありません。私は、自分の母親でも遊べるようなゲームを作りたいと思っていたので、それが実現した形ですね。

Szymon Krukowsi氏(写真左)Marcin Surma氏(写真右)

――VRで『SUPERHOT』をプレイしていて、最高の瞬間はどんな時ですか?

Szymon Krukowsi: 最高の瞬間と言えば、プレイヤーが実際に自分を見失うほど『SUPERHOT VR』にのめり込む時です。12分だろうと1時間だろうと5分だろうと、プレイ後には汗を流して、楽しかったと満足してくれるのを見るのは、開発者にとって何ものにも代えがたいです。『SUPERHOT』の基本部分はシンプルな作りですが、プレイヤーの自由度があり、即興で楽しめるの点は素晴らしことです。人によってプレイ方法が全く異なるのです。

――PlayStationバージョンは、何か追加要素や仕様の違いなどはありますか?

Szymon Krukowsi: 今は、PC版向けに最新のDLCを準備していて、PlayStation版ふくめ、いずれ他のバージョンにもすべてアップデートで導入される予定です。具体的なリリース日はまだお伝えできません。

――日本のPlayStationユーザーに向けて何かメッセージをお願いします。

Szymon Krukowsi: 日本のPlayStationゲーマーの皆さんが、世界中のゲーマーと同じように『SUPERHOT』を楽しんでくれることを願っています。ポーランド産のゲームがどんなものなのか、試してみてほしいですね。

Marcin Surma: 『SUPERHOT』のPlayStation版が日本でも発売されて、より広いユーザー層に手に取ってもらえるのは興奮ですね。『Superhot』には日本風の雰囲気もあるとおもっていて、私自身も『新世紀エヴァンゲリオン』が好きで何度も観ているのですが、画面にでかでかと文字が並ぶ『エヴァ』風の表現はお気に入りで、『SUPERHOT』の日本語版を見た時に、「これだよ、これがやりたかったんだ」と言ってしまいました。

――本日はありがとうございました!

《Rio Tani》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 10 件

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『マインクラフト』次期大型アップデートが海外予告、多彩な「水」関連要素が実装

    『マインクラフト』次期大型アップデートが海外予告、多彩な「水」関連要素が実装

  2. 【特集】『アサシン クリード オリジンズ』で往く魅惑のエジプト観光ガイド…ツアーモード配信前の「旅のしおり」

    【特集】『アサシン クリード オリジンズ』で往く魅惑のエジプト観光ガイド…ツアーモード配信前の「旅のしおり」

  3. 『STAR WARS バトルフロント II』一時的に課金要素が削除―「ゲームをアンフェアにするのは我々の意図ではない」

    『STAR WARS バトルフロント II』一時的に課金要素が削除―「ゲームをアンフェアにするのは我々の意図ではない」

  4. 海底SFホラーADV『SOMA』敵の脅威が無くなる“Safe Mode”が実装に―XB1版も海外で予約開始

  5. 『レインボーシックス シージ』GROM新オペレーター“Zofia”吹替え紹介トレイラー

  6. PS4侍オープンワールド『Ghost of Tsushima』時代やゲームシステムは?現時点の情報まとめ

  7. 『ゼノブレイド2』「俺は、君のために楽園に行く!」─独特な世界観やバトルシステム、探索要素などを映像で紹介

  8. 『ゴッド・オブ・ウォー』、『Ghost of Tsushima』などPS4用新作ソフトウェア映像5本が公開に!

  9. 【特集】PS4『サドン ストライク 4』過酷な戦場で役立つ戦術10選―新兵向け基本のキからネタ戦術まで

  10. 『モンハン:ワールド』動画で観るモンスターの生態―「モンスターハンター:ワールド図鑑」第1弾公開

アクセスランキングをもっと見る

page top