『Fortnite』PvPモード「Battle Royale」やPvEモードの違いとは?現時点の情報まとめ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Fortnite』PvPモード「Battle Royale」やPvEモードの違いとは?現時点の情報まとめ

家庭用ゲーム PS4

『Fortnite』PvPモード「Battle Royale」やPvEモードの違いとは?現時点の情報まとめ
  • 『Fortnite』PvPモード「Battle Royale」やPvEモードの違いとは?現時点の情報まとめ
  • 『Fortnite』PvPモード「Battle Royale」やPvEモードの違いとは?現時点の情報まとめ
  • 『Fortnite』PvPモード「Battle Royale」やPvEモードの違いとは?現時点の情報まとめ
  • 『Fortnite』PvPモード「Battle Royale」やPvEモードの違いとは?現時点の情報まとめ
  • 『Fortnite』PvPモード「Battle Royale」やPvEモードの違いとは?現時点の情報まとめ
  • 『Fortnite』PvPモード「Battle Royale」やPvEモードの違いとは?現時点の情報まとめ
  • 『Fortnite』PvPモード「Battle Royale」やPvEモードの違いとは?現時点の情報まとめ
2011年に発表され、長らく開発が続けられているEpic GamesのPS4/Xbox One/PC向けタワーディフェンス/バトルロイヤルゲーム『Fortnite』。現時点までの開発状況やPvPとPvEのゲームモード、登場クラスに至るまで、本作の細部をひとまとめにしてお届けします。

■『Fortnite』とは?

    2011年のSpike Video Game Awards 2011にて発表された、Epic Games開発のカートゥーン調のグラフィックとタワーディフェンス+ビルド要素を組み合わせた、Unreal Engine 4採用のゲームです。本作の初出は前述のように2011年と古く、当初は2013年にオープンベータを予定。しかしながら、新たな情報が出てきたのが2014年で、当時はタワーディフェンス要素を重点に置いていました。

    オンラインテストが2014年の12月から実施、第2回目となるテストも2015年に開始されています。クローズドベータへと段階を進めようとしたのが2015年後半で、その間にEpic Gamesが以前買収したデベロッパーのPeople Can Flyが再独立するなど、会社としての大きな変化が起きています。

    早期アクセス段階へ移行したのが2017年のE3で、2017年7月25日から開始しています。新たにFree-to-PlayのPvPゲームモードとして「Battle Royale」を実装したのが同年9月26日です。このゲームモードは大きな人気を博し、初日だけで100万人のプレイヤーが参加。同年10月12日にはプレイヤー数が1000万人を超えたと発表しています。


■正式リリース時期

    ・PvPモード「Battle Royale」はF2Pタイトルとしてリリース済み
    ・PvEモードは2018年にFree-to-Play化を予定


■対応プラットフォーム

    ・PC
    ・PS4
    ・Xbox One


■ゲームモード

    ・「Battle Royale」(PvP)
    最後の一人になるまで戦うバトルロイヤル形式で最大100人まで対戦できるFree-to-playの対戦モード。他のバトルロイヤルゲームと違う点は、『Fortnite』が持つ資源回収とビルディング要素を持ち合わせていることで、文字通り要塞を構築して戦えることにあります。ソロのほか、デュオ(2人)、スクアッド(4人)でパーティを組むことも可能。

    ・「Save the World」(PvE)
    現在早期アクセスとして配信されているPvEモードは、 ストアで配信されているStandard Editionなどを購入することによってプレイ可能となるものです。プレイヤーは襲いかかる敵から身を守るため、街の至る所に存在する資源を回収しトラップを設置すると共に手持ちの武器で防衛します。いわゆるタワーディフェンス的なゲームモードです。


■登場クラス(Save the Worldのみ)

    ・Outlander
    資源の収集や宝探しに特化したクラス

    ・Soldier
    リロードや攻撃にボーナスが振り分けられているクラス。

    ・Ninja
    早い移動スピードとダブルジャンプ、そして近接攻撃に特化したクラス。

    ・Constructor
    建物建築や修理に特化するも移動スピードが最も低いクラス。


■ゲームプレイ映像/スクリーンショット










《G.Suzuki》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 11 件

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 海底SFホラーADV『SOMA』敵の脅威が無くなる“Safe Mode”が実装に―XB1版も海外で予約開始

    海底SFホラーADV『SOMA』敵の脅威が無くなる“Safe Mode”が実装に―XB1版も海外で予約開始

  2. 『ゼノブレイド2』「俺は、君のために楽園に行く!」─独特な世界観やバトルシステム、探索要素などを映像で紹介

    『ゼノブレイド2』「俺は、君のために楽園に行く!」─独特な世界観やバトルシステム、探索要素などを映像で紹介

  3. 『レインボーシックス シージ』GROM新オペレーター“Zofia”吹替え紹介トレイラー

    『レインボーシックス シージ』GROM新オペレーター“Zofia”吹替え紹介トレイラー

  4. Xbox Oneパッケージ版『Minecraft: スーパー プラス パック』の発売が延期に

  5. 『STAR WARS バトルフロント II』一時的に課金要素が削除―「ゲームをアンフェアにするのは我々の意図ではない」

  6. 『モンハン:ワールド』動画で観るモンスターの生態―「モンスターハンター:ワールド図鑑」第1弾公開

  7. PS4侍オープンワールド『Ghost of Tsushima』時代やゲームシステムは?現時点の情報まとめ

  8. 『ゴッド・オブ・ウォー』、『Ghost of Tsushima』などPS4用新作ソフトウェア映像5本が公開に!

  9. 【特集】PS4『サドン ストライク 4』過酷な戦場で役立つ戦術10選―新兵向け基本のキからネタ戦術まで

  10. 『STAR WARS バトルフロント II』キャラアンロックのクレジットを75%減少―大きな議論受け

アクセスランキングをもっと見る

page top