テンセント、ゲーム配信プラットフォーム「WeGame」の海外展開を発表―Steam対抗馬なるか | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

テンセント、ゲーム配信プラットフォーム「WeGame」の海外展開を発表―Steam対抗馬なるか

中国の最大手ITコングロマリットであるテンセントは、ゲーム配信プラットフォーム「WeGame」の海外展開を発表しています。

ニュース ゲーム業界
テンセント、ゲーム配信プラットフォーム「WeGame」の海外展開を発表―Steam対抗馬なるか
  • テンセント、ゲーム配信プラットフォーム「WeGame」の海外展開を発表―Steam対抗馬なるか
中国の最大手ITコングロマリットであるテンセントは、ゲーム配信プラットフォーム「WeGame」の海外展開を発表しています。

「WeGame」は、米Valve社の「Steam」に代表されるようなゲーム配信プラットフォームの一つ。元々展開されていた「Tencent Games Platform」のアップグレード版となります。サウスチャイナ・モーニング・ポストによれば、今回発表されたのは厳密には香港向け版ですが、実態としては海外展開も同時に行う国際版であるとのこと。

既に世界でも有数の大企業であり、ゲーム業界においてもEpic GamesやRiot Gamesなどを通じ高い影響力を持つテンセントが本格的に世界向けサービスとしてゲーム配信プラットフォームを展開するということで、今後の経過に注目が集まる所です。なお、発表によればKlei Entertainmentのサバイバルゲーム『Don't Starve Together』は「WeGame」にて4月に200万本以上の売上を記録しているとのこと。

一方Valveは、先日Steamの中国版「Steam China」を発表。中国で確固たる基盤を持つテンセントと、中国外での圧倒的なシェアを有するValve。中国及び、それ以外の地域それぞれで熾烈な争いが繰り広げられることになりそうです。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『Fallout 76』ゲーム内通貨「アトム」の国内販売が7月24日から遂に解禁

    『Fallout 76』ゲーム内通貨「アトム」の国内販売が7月24日から遂に解禁

  2. 「EVO 2019」タイトル別参加者数が発表―最多は『スマブラSP』の約3,500人

    「EVO 2019」タイトル別参加者数が発表―最多は『スマブラSP』の約3,500人

  3. クトゥルフADV『The Sinking City』日本語PS4版が10月31日に発売決定―押し寄せる狂気を生き抜け

    クトゥルフADV『The Sinking City』日本語PS4版が10月31日に発売決定―押し寄せる狂気を生き抜け

  4. 販売停止になった台湾ホラー『還願』開発元が現状報告―しばらくは再販予定無し

  5. 『第五人格』に怪盗団が現れる!?『ペルソナ5』コラボでジョーカーやモルガナが人形チックに大変身

  6. か、かわいい…『ポケモンGO』と「ワンピース」がコラボ!麦わら帽子を被ったピカチュウが期間限定で出現

  7. 『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』怪盗団の演技派(?)女優「高巻杏」紹介映像!モルガナと少女漫画風の新技を披露

  8. 『モンハンワールド:アイスボーン』ディノバルド参戦!亜種モンスター2種や「ビューモード」機能も

  9. 今年の目玉は特典付き“PCエンジン mini”―アマゾンプライムデー内覧会レポ

  10. Amazonが「ロード・オブ・ザ・リング」の基本無料MMORPGをPC/コンソール向けに開発中

アクセスランキングをもっと見る

page top