危険渦巻く島でサバイバル!『SCUM』Steam早期アクセス開始―既にDevolver Digital最大のローンチに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

危険渦巻く島でサバイバル!『SCUM』Steam早期アクセス開始―既にDevolver Digital最大のローンチに

Devolver Digitalは、Gamepiresが手がけるサバイバルシューター『SCUM』をSteamで早期アクセスタイトルとしてリリースしました。

PC Windows
危険渦巻く島でサバイバル!『SCUM』Steam早期アクセス開始―既にDevolver Digital最大のローンチに
  • 危険渦巻く島でサバイバル!『SCUM』Steam早期アクセス開始―既にDevolver Digital最大のローンチに
  • 危険渦巻く島でサバイバル!『SCUM』Steam早期アクセス開始―既にDevolver Digital最大のローンチに

Devolver Digitalは、Gamepiresが手がけるサバイバルシューター『SCUM』をSteamで早期アクセスタイトルとしてリリースしました。

『シリアスサム』シリーズで知られるCroteamが開発に協力している『SCUM』は、囚人同士のサバイバルを描いた架空のTV番組の参加者として生き残っていく、近未来風サバイバルシューター。『PUBG』に代表されるようなバトルロイヤルではなく、『DayZ』のようなサバイバル戦が展開する本作では、他の参加者だけでなく、ゾンビや殺人ロボとも渡り合いつつゲームが進行します。


本作の最大の特徴はリアルな体調管理システム。プレイヤーは、長く生き残っていくために食事の内容にまで気を使う必要があり、体温の管理や排便などにも注意することになります。そして、排便は体調次第でグラフィックに変化が出るというこだわりも……。

また、ゾンビの付けていた衣服を着るとペナルティがあるなど、アイテム面での細かい設定もキモとなっています。クラフト要素では様々な装備を作成でき、ゲーム内の建物を拠点として強化可能。他の参加者の人肉を食することもできてしまいます。


Steamの統計によれば、記事執筆時点で最大プレイヤー数5万人を記録した今作。Devolver Digitalのタイトルでは最大のローンチとなったとのことです。現時点ではサーバーのサーチ機能が実装されておらず(ソート機能はつい先程のパッチで実装されました)、フレンドのサーバーに接続する手段も少ないと言えます。早期アクセス中では専用サーバーが用意されず、サーバーレンタル(月額有料課金)のみなどの問題点もあります。

『SCUM』は、Windows向けに2,050円でSteamで早期アクセス配信中です。
《Arkblade》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 28 件

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. 懐かしハクスラ『HELLGATE: London』Steamで復活配信―悪魔vsサイバーテンプル騎士団

    懐かしハクスラ『HELLGATE: London』Steamで復活配信―悪魔vsサイバーテンプル騎士団

  2. 名作RPG・ACT群の流れ汲む『Underworld Ascendant』配信開始!日本語にも対応

    名作RPG・ACT群の流れ汲む『Underworld Ascendant』配信開始!日本語にも対応

  3. ロボバトルサッカー『Mad Machines』早期アクセス版がDiscordストアにて配信開始!

    ロボバトルサッカー『Mad Machines』早期アクセス版がDiscordストアにて配信開始!

  4. 開発期間12年…荒野のハードコアオープンワールドRPG『Kenshi』正式リリース日決定!

  5. Windows 10 PC版『Sunset Overdrive』正式発表!2018年11月16日発売予定

  6. 多層人格アクションADV『killer7』Steam版配信開始!―「スミス」たちが遂に帰ってくる

  7. 悪魔の子再び…ステルスホラーADV『Lucius III』発売日決定―ゲームプレイトレイラーも

  8. PC版『Fallout 76』が早くもプレイ可能に!一足早く再生の日到来?

  9. 『Fallout 76』PC版はSteamから販売されないーベセスダが海外メディアに回答

  10. YouTube、広告無しで映像視聴など可能な「YouTube Premium」日本サービスを開始

アクセスランキングをもっと見る

page top