海外レビューひとまとめ『Call of Cthulhu』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外レビューひとまとめ『Call of Cthulhu』

海外PS4/Xbox One/PCを対象に10月30日発売の『Call of Cthulhu』のMetacritic海外レビューをお届けします。

連載・特集 海外レビュー
海外レビューひとまとめ『Call of Cthulhu』
  • 海外レビューひとまとめ『Call of Cthulhu』
  • 海外レビューひとまとめ『Call of Cthulhu』
  • 海外レビューひとまとめ『Call of Cthulhu』

Digitally Downloaded: 90/100(PS4)
『Call of Cthulhu』というクトゥルフRPGが私の人生に必要なものになるとは思ってもみなかった。ダークウォーターの姿が見えた途端、その虜になってしまったのだ。コズミック・ホラーのストーリーに、「あれら」を崇拝するカルト教団など、本作のクトゥルフ神話は原作への深い理解を持って描かれている。スニーキングの難易度の問題を抜きにしても、本作はまさに狂気に堕ちている。楽しい?狂気に堕ちるのに楽しさがあると思いますか?

GamingTrend: 85/100(PC)
New Game Network: 70/100(PS4)
PSX-Sense.nl: 70/100(PS4)
『Call of Cthulhu』はラヴクラフト本人が生み出すことができなかった、最もラヴクラフティアンな体験だ。そのストーリーにはクトゥルフ神話を何年にも渡り強固なものとしてきた要素がなみなみと注がれている。しかしゲームプレイにおいては多くの良い面と悪い面が存在する。

Vandal: 70/100(PS4)
PC Invasion: 70/100(PC)
Digital Chumps: 60/100(PS4)
『Call of Cthulhu』は自己表現の機会が欠けているゲームのための強固なキャラクターシートだ。ラヴクラフトが啓蒙の力と毒の裏側へのドラマチックな探求ではなく、単調な話を書いたと想像してみてほしい。『Call of Cthulhu』は感情が欠如した、不思議でゾッとするホラーだ。そしてそこにある狂気はごくありふれている。

Push Square: 60/100(PS4)
App Trigger: 55/100(PC)
VideoGamer: 40/100(PS4)
『Call of Cthulhu』の雰囲気、特に序盤のものは美味である。しかし気まぐれなペースやプロット、泥のようなグラフィックにはがっかりさせられる。




海外PS4/Xbox One/PCを対象に10月30日発売の『Call of Cthulhu』のMetacritic海外レビューをお届けしました。Metacriticでの平均スコアは、PS4版が64点(総レビュー数13件)、Xbox One版が判定不可(総レビュー数1件)、PC版が67点(総レビュー数7件)をマークしています。

『Call of Cthulhu』はクトゥルフ神話をベースとしたサバイバルホラーRPG。小説「The Call of Cthulhu」を基にした、テーブルトークRPG版の公式ゲーム化作品で、PS4向け日本語版の発売も決定しています。メディアレビューではその雰囲気、ラヴクラフトらしさを高く評価する声はあるものの、「面白くはない」「ストーリーは単調」という厳しい声も。



『Call of Cthulhu』は海外PS4/Xbox One/PCを対象に発売中。PS4向け日本語版は2019年春に発売予定です。
《SEKI》

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

1
page top