ベセスダが『Fallout 76』Free-to-Play化の噂を否定、Twitterでファンに回答 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ベセスダが『Fallout 76』Free-to-Play化の噂を否定、Twitterでファンに回答

ベセスダ・ソフトワークスは、一部メディアやユーザーコミュニティーで話題となっていた『Fallout 76』Free-to-Play化の噂をTwitterで否定しました。

家庭用ゲーム PS4
ベセスダが『Fallout 76』Free-to-Play化の噂を否定、Twitterでファンに回答
  • ベセスダが『Fallout 76』Free-to-Play化の噂を否定、Twitterでファンに回答
  • ベセスダが『Fallout 76』Free-to-Play化の噂を否定、Twitterでファンに回答
ベセスダ・ソフトワークスは、一部メディアやユーザーコミュニティーで話題となっていた『Fallout 76』Free-to-Play化の噂を否定しました。

TheQuarteringおよびSegment Nextによれば、オーストラリアのゲーム小売店「EB Games Australia」は『Fallout 76』通常パッケージ版の販売を現在行っていないということで、Webサイト上でも各特別エディションや中古品のみを掲載。その販売方針から同作の「Free-to-Play化」を巡る憶測が広まり、ResetEraを始めとしたコミュニティーで話題となっていました。

しかしながらベセスダ公式Twitterは、1月23日のツイートでこれを否定。「もし『Fallout 76』がFree-to-Play作品になったら返金してほしい」とリプライを送ったユーザーに回答する形で、噂が事実でないことを明言しました。

ベセスダは先日『Fallout 76』パッチ5にまつわる新情報を公開し、1月末に実施予定の大規模アップデートについて述べ、「初の大型コンテンツのアップデートをこれから数週間の内に実装する予定」であることを明かしています。コミュニティー上で賛否両論の意見が飛び交っている同作ですが、今後のアップデートには注目が集まりそうです。
《キーボード打海》

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『Days Gone』“感染者”の種類などを解説する海外向け映像―巨漢Breakerなど

    『Days Gone』“感染者”の種類などを解説する海外向け映像―巨漢Breakerなど

  2. 【吉田輝和の絵日記】地球防衛TPS『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』巨大侵略者から人類を守れるか?

    【吉田輝和の絵日記】地球防衛TPS『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』巨大侵略者から人類を守れるか?

  3. 「くにおくん」新作『ダウンタウン乱闘行進曲マッハ!!』PS4/ニンテンドースイッチ/Steam向けに発売決定!

    「くにおくん」新作『ダウンタウン乱闘行進曲マッハ!!』PS4/ニンテンドースイッチ/Steam向けに発売決定!

  4. PS4『ゴッド・オブ・ウォー』発売1周年を記念し最大40%オフセール開催!PS Plus加入者対象のプレゼントも

  5. 『フォートナイト』World Cupオンラインオープン、ウィーク1での不正対応を発表―200超のアカウントが賞金獲得不可に

  6. 『Apex Legends』ジブラルタルがアークスターを無効化出来る小技発見?Respawnは調査中

  7. 国内PS4版『H1Z1: Battle Royale』基本無料で配信開始!激しいバトルロイヤルを生き残れ

  8. 『くにおくん ザ・ワールド クラシックスコレクション』発売! 名作18タイトルを一挙収録

  9. 音ゲー×横スクACTな『Muse Dash』Steam/国内スイッチ版発売決定!6月中旬リリース

  10. 『Fallout 76』サバイバルモードの新チャレンジ報酬公開―パッチ9の変更点も一部判明

アクセスランキングをもっと見る

1
page top