英政府機関、マイクロソフト/ソニー/任天堂のメンバーシップサービスを調査中―自動更新や払い戻しなどに着目 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

英政府機関、マイクロソフト/ソニー/任天堂のメンバーシップサービスを調査中―自動更新や払い戻しなどに着目

イギリスの政府機関である競争・市場庁(Competition and Markets Authority)は、マイクロソフト、ソニー、任天堂のオンラインメンバーシップサービスを調査中であることを発表しました。

ニュース ゲーム業界
英政府機関、マイクロソフト/ソニー/任天堂のメンバーシップサービスを調査中―自動更新や払い戻しなどに着目
  • 英政府機関、マイクロソフト/ソニー/任天堂のメンバーシップサービスを調査中―自動更新や払い戻しなどに着目
  • 英政府機関、マイクロソフト/ソニー/任天堂のメンバーシップサービスを調査中―自動更新や払い戻しなどに着目
イギリスの政府機関である競争・市場庁(Competition and Markets Authority)は、マイクロソフト、ソニー、任天堂のオンラインゲームメンバーシップサービスを調査中であることを発表しました。

今回、該当するのは、Xbox/PlayStation/ニンテンドースイッチ向けに行われているメンバーシップサービス。競争・市場庁は、メンバーシップの自動更新が定期的にリマインドされ、自動更新がデフォルトに設定されているか、という点のほか、キャンセルおよび払い戻しが簡単に行えるかなどを調べます。また、契約条件が不公平かどうか(値段など)についても調査するということです。

競争・市場庁は、調査の初期段階において、「各社が消費者保護法を破っているかどうか」を決められる見地に至ってはいません。ただし、調査の結果「公正ではない」、あるいは「誤解を招く恐れがある」と判断された場合、同機関は、強制措置処分を下すことが出来る、と海外メディアGamesIndustry.bizは伝えています。

各ファーストパーティでは、もはや当たり前となったメンバーシップサービスですが、どのような結論となるのでしょうか。
《杉元悠》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. ナイトメアの予兆?『レッド・デッド・オンライン』で「ゾンビ」の目撃情報が相次ぐ

    ナイトメアの予兆?『レッド・デッド・オンライン』で「ゾンビ」の目撃情報が相次ぐ

  2. ポストソビエトなオープンワールドMMORPG『Stalker Online』が今秋Steam配信予定

    ポストソビエトなオープンワールドMMORPG『Stalker Online』が今秋Steam配信予定

  3. 『GOD EATER 3』無料アップデートVer.2.00配信開始!クレアに注目した新エピソード「過去との邂逅」を追加

    『GOD EATER 3』無料アップデートVer.2.00配信開始!クレアに注目した新エピソード「過去との邂逅」を追加

  4. おとぎ話のような世界を自由に旅するTMORPG『Book of Travels』発表!『Shelter』シリーズ開発元新作【TGS2019】

  5. 机の上に小さな工場を建設する『Little Big Workshop』発表! 色々な製品を製造して出荷しよう

  6. これこそクレイジー? タクシー運転手シム新作『Taxi Simulator』発表!

  7. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  8. 新作ローグライク『MISTOVER』発表!『TERA』『PUBG』のKRAFTONが開発

  9. コナミが新作『メタルギア』の開発に着手―制作メンバーを募集

  10. バンナム『ミスタードリラー』『風のクロノア』『ワギャンランド』など5つの『アンコール』作品の商標を出願

アクセスランキングをもっと見る

page top