棒人間カンフーACT『One Finger Death Punch 2』「日本語対応済みですが、よりローカライズの質を高めます」【注目インディーミニ問答】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

棒人間カンフーACT『One Finger Death Punch 2』「日本語対応済みですが、よりローカライズの質を高めます」【注目インディーミニ問答】

気になる新作インディーゲームの開発者にインタビューする本企画。今回は、Silver Dollar Games開発、PC向けに4月15日リリースされた棒人間カンフーアクション『One Finger Death Punch 2』開発者へのミニインタビューをお届けします。

連載・特集 特集
棒人間カンフーACT『One Finger Death Punch 2』「日本語対応済みですが、よりローカライズの質を高めます」【注目インディーミニ問答】
  • 棒人間カンフーACT『One Finger Death Punch 2』「日本語対応済みですが、よりローカライズの質を高めます」【注目インディーミニ問答】
  • 棒人間カンフーACT『One Finger Death Punch 2』「日本語対応済みですが、よりローカライズの質を高めます」【注目インディーミニ問答】
  • 棒人間カンフーACT『One Finger Death Punch 2』「日本語対応済みですが、よりローカライズの質を高めます」【注目インディーミニ問答】
  • 棒人間カンフーACT『One Finger Death Punch 2』「日本語対応済みですが、よりローカライズの質を高めます」【注目インディーミニ問答】
  • 棒人間カンフーACT『One Finger Death Punch 2』「日本語対応済みですが、よりローカライズの質を高めます」【注目インディーミニ問答】

気になる新作インディーゲームの開発者にインタビューする本企画。今回は、Silver Dollar Games開発、PC向けに4月15日リリースされた棒人間カンフーアクション『One Finger Death Punch 2』開発者へのミニインタビューをお届けします。

本作は、2つのボタン操作だけで楽しめるカンフーアクション。プレイヤーは選ばれし白棒人間となり、高度な武術や様々な武器、スキルを駆使して400以上のレベルで戦いを繰り広げます。4つのエンドレスサバイバルモードや2つのガントレットランモードも搭載。日本語にも対応済みです。

『One Finger Death Punch 2』は820円で配信中





――まずは自己紹介をお願いします。

Jon Flook氏(以下Flook氏)Silver Dollar Gamesはカナダ人の兄弟二人で活動しています。Daveがプログラミング、Jonがプロデュースです。二人でXbox 360向けに小さなゲームを70本以上開発してきましたが、一番知られているのは『One Finger Death Punch』でしょう。

――本作の開発はいつどのようにして始まったのでしょうか?

Flook氏私たちがゲーム開発を始めたのは12年ほど前になります。コンピュータプログラミングのちゃんとしたトレーニングは受けず、暇なときに趣味でゲームを作り始めました。私たちのデビュー作はとてもシンプルなもので、わずか2~3個のボタンで遊べるようなものでした。そのおかげもあり、本作も2つのボタンでプレイすることができます。開発はXbox 360向けに2009年に開始されたのですが、2014年にはプラットフォームをSteamに移しました。今年中には本作を持って、またコンソール市場に戻ろうと思っています。


――本作の特徴を教えてください。

Flook氏本作はカンフーの楽しさをわずか2つのボタンで再現しています。そのため、誰もが楽しむことが可能です。いつでも起こるアニメーションが1,000以上用意され、26のスキルを組み合わせることで、クールな棒人間の究極の戦いを描きます。本作一番の特徴は、どんなことがいつでも起こる、ということでしょう。素晴らしい光景の連続ですよ。

――本作が影響を受けた作品はありますか?

Flook氏すべてが映画からの影響です。「ドランクモンキー 酔拳」「燃えよドラゴン」「ブラッド・スポーツ」は古典的作品で、子供の頃から何度も見ました。しかし本作のコアとなるコンセプトに最も影響を与えたのは、ブルース・リーの「ドラゴン怒りの鉄拳」、ジェット・リーの「ザ・ワン」です。私たちはカンフー映画を見て育ちましたので、ファンの皆さんに恩返しをできるのはとても光栄なことです。

――本作の日本語対応について教えてください。

Flook氏本作はすでに日本語に対応済みですが、よりローカライズの質を高めるために作業を行なっています。

――最後に日本の読者にメッセージをお願いします。

Flook氏本作は最も純粋なアクション体験となるでしょう。市場の他のゲームよりも安い価格で、最も反射神経を問われるゲームプレイとなっています。もしあなたがカンフー好きならば、その期待に応えられると思います。本作の開発には5年をかけました。心と魂を込めて作りましたので、気に入っていただけると嬉しいです。

――ありがとうございました。


《SEKI》

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top