『Fallout 76』Mod対応について開発ディレクターが言及―改めてサポートに意欲見せる | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Fallout 76』Mod対応について開発ディレクターが言及―改めてサポートに意欲見せる

シリーズ初のオンライン作品である『Fallout 76』ですが、開発ディレクターChris Mayer氏が海外メディアVG247のインタビューにて、本作のMod対応について改めて言及しました。

PC Windows
『Fallout 76』Mod対応について開発ディレクターが言及―改めてサポートに意欲見せる
  • 『Fallout 76』Mod対応について開発ディレクターが言及―改めてサポートに意欲見せる
  • 『Fallout 76』Mod対応について開発ディレクターが言及―改めてサポートに意欲見せる
  • 『Fallout 76』Mod対応について開発ディレクターが言及―改めてサポートに意欲見せる
シリーズ初のオンライン作品である『Fallout 76』ですが、開発ディレクターChris Mayer氏が海外メディアVG247のインタビューにて、本作のMod対応について改めて言及しました。

E3 2018では「これまでと100%同じ」とトッド・ハワード氏から語られたMod対応。2018年10月にはベセスダ・ソフトワークス副社長のPete Hines氏によって「2019年11月までは対応しない可能性」があることも語られていました。

そんななかインタビューに応えたMayer氏によれば、本作向けMod対応の優先度が低い理由は「エンジンがクライアントサーバーモデルになった」からとのこと。これにModを対応させるためにはエンジンのスクリプトからシステムの動作方法まですべてを変える必要があるということで、プライベートサーバーの整備を行う必要がある旨を示しています。

一方で、「ベセスダのコミュニティにとってModdingが大きな部分を担っていること」を認知しているとし、ロードマップ上には存在していることを明示。すぐに実装される可能性は低いとみられるものの、プライベートサーバーに関する変化は少しづつ進んでいくということです。

待望されているMod対応、続報に期待がかかります。
《杉元悠》

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. SFシューター『PlanetSide Arena』のサーバー閉鎖が決定―早期アクセス開始から僅か3ヶ月

    SFシューター『PlanetSide Arena』のサーバー閉鎖が決定―早期アクセス開始から僅か3ヶ月

  2. Co-opホラーFPS『GTFO』日本国内での価格誤設定に伴う返金サポートが開始

    Co-opホラーFPS『GTFO』日本国内での価格誤設定に伴う返金サポートが開始

  3. 『ストリートファイターV』に「セス」が参戦!「チャンピオンエディション」発売と共にリリース【UPDATE】

    『ストリートファイターV』に「セス」が参戦!「チャンピオンエディション」発売と共にリリース【UPDATE】

  4. PC/PS4/XB1『ライフ イズ ストレンジ 2』日本語版が3月26日に発売決定!吹替版プレイ動画も公開

  5. 『アウター・ワールド』ストーリーを拡張するDLCが2020年にリリース予定―「旅はまだ終わっていない」

  6. 基本プレイ無料の『PUBG LITE』がサービス開始―低スペックPCでも飛び込める新たな戦場!【UPDATE】

  7. 『バイオハザード RE:2』新デモに隠されたイースターエッグが発見される―暗闇から聞こえる声の主は…

  8. 『フォートナイト』にて「スター・ウォーズ」コラボが開幕!ライトセーバーとブラスターで勝利を掴め

  9. 「ワイルド・スピード」シリーズの物語描く『Fast & Furious Crossroads』発表!【TGA2019】

  10. 『PlanetSide Arena』は『PlanetSide 3』の足がかり―シリーズのプロデューサー、次回作について言及

アクセスランキングをもっと見る

page top