逆に没入感たっぷり?『スカイリム』に「Bethesda.netへのログインが必要です」Modが登場 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

逆に没入感たっぷり?『スカイリム』に「Bethesda.netへのログインが必要です」Modが登場

Modderのd3sim8さんは、『The Elder Scrolls V: Skyrim』向けのMod「Immersive Bethesda.net Experience for Skyrim」を公開しました。

ゲーム文化 Mod
逆に没入感たっぷり?『スカイリム』に「Bethesda.netへのログインが必要です」Modが登場
  • 逆に没入感たっぷり?『スカイリム』に「Bethesda.netへのログインが必要です」Modが登場
  • 逆に没入感たっぷり?『スカイリム』に「Bethesda.netへのログインが必要です」Modが登場
  • 逆に没入感たっぷり?『スカイリム』に「Bethesda.netへのログインが必要です」Modが登場
  • 逆に没入感たっぷり?『スカイリム』に「Bethesda.netへのログインが必要です」Modが登場

Modderのd3sim8さんは、『The Elder Scrolls V: Skyrim』向けのMod「Immersive Bethesda.net Experience for Skyrim」を公開しました。

このModを導入した場合、プレイを始めてからしばらく経つと「このタイトルをプレイするためには、Bethesda.netアカウントが必要です。続けるためにはインターネットに接続してください。」というダイアログが表示され、OKを押すことで消すことができます。


しかし、しばらくすると再度表示。よく見ると画面左上では「接続中…」「接続失敗」というログがあるため、接続を試行してくれていることがわかりますが……。ほとんど間隔を置かずに何度もダイアログが発生してしまうため、まともにプレイすることは不可能です。

そんな本Modですが、ベセスダ・ソフトワークスから海外向けに配信されているPS4/Xbox One/ニンテンドースイッチ向け『DOOM』初期3作にて発生していた不具合を再現しているとのこと。『DOOM』自体にオンライン要素はないものの、Bethesda.netにログインしなければプレイできないという仕様で、やはり接続に失敗した場合はダイアログが何度も発生してしまいます。(なお、この不具合については対処がなされており、ログインのオプション化がなされる予定です。)本Modは、そんな仕様を完全再現したジョークModです。

「Immersive Bethesda.net Experience for Skyrim」は、通常版『Skyrim』および『Skyrim: SE』向けにNexus Modsで配布されています。
《杉元悠》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 仏産JRPG『Edge Of Eternity』がまもなくベータ段階に突入! 価格も近日値上げ予定

    仏産JRPG『Edge Of Eternity』がまもなくベータ段階に突入! 価格も近日値上げ予定

  2. 愛とセックスのデッキ構築ローグライク恋愛シム『Fight with love』早期アクセス開始!

    愛とセックスのデッキ構築ローグライク恋愛シム『Fight with love』早期アクセス開始!

  3. 7月に閉鎖されたMixerと契約を結んでいたストリーマー

    7月に閉鎖されたMixerと契約を結んでいたストリーマー"Shroud"と"Ninja"がTwitchでの活動を再開

  4. 『ゴールデンアイ007』ファンリメイク『GoldenEye 25』が権利者からの申し立てにより開発を中止

  5. 狙撃シューター『Sniper Elite』のボードゲーム版がKickstarter開始! 既に目標額に到達

  6. ユービーアイのオンラインイベント「UBIDAY2020 ONLINE」10月24日開催! 最新作情報や恒例のコスプレイベントも

  7. 『CoD:MW』『Warzone』シーズン5で新登場したオペレーター「Lerch」は実在する元SWATメンバーがモデルであることが明らかに

  8. 海外Modderが『ゴールデンアイ 007』のマップをVRゲーム『Half-Life: Alyx』でリメイク!

  9. NINTENDO64風味のローカルマルチプレイヤーFPS『Dark Data』Steam配信開始!

  10. 『サイバーパンク2077』の新情報を伝える「Night City WIRE」第2回発表内容ひとまとめ

アクセスランキングをもっと見る

page top