ミニゴルフ『Golf Around!』ー火を吹くドラゴンに見つからないように進むステージも【開発者インタビュー】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ミニゴルフ『Golf Around!』ー火を吹くドラゴンに見つからないように進むステージも【開発者インタビュー】

シンプルなゲームですが、ステージはバリエーション豊かです。

連載・特集 特集
ミニゴルフ『Golf Around!』ー火を吹くドラゴンに見つからないように進むステージも【開発者インタビュー】
  • ミニゴルフ『Golf Around!』ー火を吹くドラゴンに見つからないように進むステージも【開発者インタビュー】
  • ミニゴルフ『Golf Around!』ー火を吹くドラゴンに見つからないように進むステージも【開発者インタビュー】
  • ミニゴルフ『Golf Around!』ー火を吹くドラゴンに見つからないように進むステージも【開発者インタビュー】
  • ミニゴルフ『Golf Around!』ー火を吹くドラゴンに見つからないように進むステージも【開発者インタビュー】
  • ミニゴルフ『Golf Around!』ー火を吹くドラゴンに見つからないように進むステージも【開発者インタビュー】

気になる新作インディーゲームの開発者にインタビューする本企画。今回は、Golf Around Studio開発、PC/Mac向けに12月5日に正式リリースされたミニゴルフゲーム『Golf Around!』開発者へのミニインタビューをお届けします。

本作は、個性的なゴルフコースで遊べるミニゴルフゲーム。オンラインマルチプレイに対応しているほか、ステージエディターで自分の好きなゴルフコースを作ることもできます。すでに多くのユーザーがオリジナルのコースを作っており、ダウンロードも可能。日本語にも対応済みです。

『Golf Around!』は、520円(12月12日までは20%オフの416円)で配信中


――まずは自己紹介をお願いします。

Golf Around Studio私は米国のインディー開発者です。あまり公にしたくないので、Golf Around Studioと名乗らせてください。

――本作の開発はいつどのようにして始まったのでしょうか?

Golf Around Studio本作の開発は2019年4月から今まで続いてきました。私は2018年にも別のゴルフゲームを作っているので、3年の経験があることになります。開発と並行して別の仕事もしていましたが、本作の開発は私一人で行っています(少しだけアセットも使用しています)。私がプログラム、3Dモデリング、ステージデザイン、音楽などを一人で担当しました。

――本作の特徴を教えてください。

Golf Around Studioどのステージもクレイジーなアイデアで溢れています。例えば、レーザービームを避けなくてはいけないステージがあったり、火を吹くドラゴンに見つからないように進むステージなんかもあります。

また、本作には「レースモード」のような多くのゲームモードが搭載されています。ボールの衝突をオンにすれば、他のボールを押し出すなんてこともできますよ。

マップクリエイターも人気で、ユーザーによって作られたマップが400以上あり、Steam上でダウンロードすることができます。

――本作が影響を受けた作品はありますか?

Golf Around Studio本作は『Golf With Your Friends』と『Golf It!』から直接的な影響を受けています。2017年、これらのゲームをプレイした後、このジャンルにはまだまだ可能性があると思ったのです。それから3年経った今でも、まだまだ可能性はたくさん残っています。Steamではミニゴルフゲームがほとんどなく、アクションやFPSばかりですからね。

――新型コロナウイルスによる開発への影響はありましたか?

Golf Around Studioいえ、幸運にもありませんでした。

――本作の配信や収益化はしても大丈夫ですか?

Golf Around Studio大丈夫です。もしこれを読んでいる方が動画配信をしていましたら、この記事の公開から三日以内にこちらまでメールをお送りいただき、あなたのアカウント(Twitch、YouTubeなど)を教えていただければ、本作のキーをお送りしますよ。

――最後に日本の読者にメッセージをお願いします。

Golf Around Studioぜひ本作を遊んでみてください!みなさん大歓迎です!

――ありがとうございました。


◆「注目インディーミニ問答」について
本連載は、リリース直後インディーデベロッパーメールで作品についてインタビューする連載企画です。定期的な連載にするため質問はフォーマット化し、なるべく多くのデベロッパーの声を届けることを目標としています。既に300を超える他のインタビュー記事もあわせてお楽しみください。

《Chandler》

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top