硬派空港運営シム『Airport CEO』―完璧に機能する空港を作ることができれば、その達成感はとてつもないもの【開発者インタビュー】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

硬派空港運営シム『Airport CEO』―完璧に機能する空港を作ることができれば、その達成感はとてつもないもの【開発者インタビュー】

将来空港のCEOを目指す方(?)は、本作をプレイして練習しておきましょう!

連載・特集 特集
硬派空港運営シム『Airport CEO』―完璧に機能する空港を作ることができれば、その達成感はとてつもないもの【開発者インタビュー】
  • 硬派空港運営シム『Airport CEO』―完璧に機能する空港を作ることができれば、その達成感はとてつもないもの【開発者インタビュー】
  • 硬派空港運営シム『Airport CEO』―完璧に機能する空港を作ることができれば、その達成感はとてつもないもの【開発者インタビュー】
  • 硬派空港運営シム『Airport CEO』―完璧に機能する空港を作ることができれば、その達成感はとてつもないもの【開発者インタビュー】
  • 硬派空港運営シム『Airport CEO』―完璧に機能する空港を作ることができれば、その達成感はとてつもないもの【開発者インタビュー】
  • 硬派空港運営シム『Airport CEO』―完璧に機能する空港を作ることができれば、その達成感はとてつもないもの【開発者インタビュー】

気になる新作インディーゲームの開発者にインタビューする本企画。今回は、Apoapsis Studios開発、PC/Mac向けに3月5日に正式リリースされた硬派空港運営シミュレーション『Airport CEO』開発者へのミニインタビューをお届けします。

本作は、空港を設計して運営するシミュレーション。プレイヤーは空港のCEOとなり、滑走路やターミナル、その中に入るレストランやお店の設営、従業員の雇用などを行い、空港利用者にとって快適な空港となることを目指します。とにかく空港の様々な業務調整をする必要があるため、かなり硬派なシミュレーション。記事執筆時点では日本語未対応です。

『Airport CEO』は、2,570円で配信中


――まずは自己紹介をお願いします。

Olof Kindblad氏(以下Olof)スウェーデン・マルメに住むOlof Kindbladです。28歳です。Fredrik SalomonとAlexander Titusと一緒に、本作の開発をしてきました。私たち3人は、マルメを拠点とするApoapsis Studiosとして活動しています。

――本作の開発はいつどのようにして始まったのでしょうか?

Olof本作の開発は2015年の後半、Fredrikがやることがなかったことから始まりました。彼は大学の夏休みで何かやることはないかと思い、「ゲームの作り方」とググって、空港運営シミュレーションゲームを作りたいと思ったのです。彼はプロトタイプを作り始めると、その2週間後にはそれを私に見せてくれました。するとすぐ、私はこのプロトタイプに夢中になり、以来、私たちは本作の開発をしてきたのです。ゲームの作り方を勉強しながら開発を進め、次第にプロトタイプを一本のゲームとしていきました。

――本作の特徴を教えてください。

Olof本作一番の特徴は、おそらくその情け容赦のないシミュレーション要素でしょう!本作では、搭乗客、旅行カバン、車両、飛行機、ゴミ袋、機内食といった、空港内で動くあらゆるものをシミュレートしています。本作はとても複雑なゲームなので、カジュアルゲーマー向けではありません。しかし、一度完璧に機能する空港を作ることができれば、その達成感はとてつもないものとなるでしょう!

――本作が影響を受けた作品はありますか?

Olof本作は昔の運営シミュレーションゲームから影響を受けています。『Prison Architect』や、特に『Airport Tycoon』シリーズですね!

――本作の日本語対応予定はありますか?有志翻訳は可能でしょうか?

Olof日本語にはまだ対応していませんが、ぜひ対応させたいとは思っています。本作の翻訳はコミュニティの手によって行われており、現在日本語翻訳作業もLocalizor で行われています。そういったこともあり、有志翻訳はもちろん大歓迎で、Game*Spark読者の方にもぜひ手伝っていただきたいです!本作の日本語翻訳作業は、こちらからご協力いただけます。

――新型コロナウイルスによる開発への影響はありましたか?

Olof私たちはわずか3人の小さなチームなので、新型コロナによる開発への影響はありませんでした。唯一あったとすれば、ゲーム業界全体としてプレイヤー数が増えたということでしょうか。また、私たちが大好きなゲームショウへの参加ができませんでしたので、開発への影響はありませんでしたが、私たちの開発意欲の低下ということはあったかもしれません。

――本作の配信や収益化はしても大丈夫でしょうか?

Olof本作を使ったストリーミングや動画コンテンツでお金を稼ぐのはまったく問題ありません!

――最後に日本の読者にメッセージをお願いします。

OlofGame*Sparkの読者の皆さんに、Apoapsis Studiosからご挨拶申し上げます!これを読んでいる方で、もし本作に興味を持っていただける方がいらっしゃいましたら、ぜひ成田国際空港や大阪国際空港のような日本の素晴らしい空港を再現してみてくださいね。ありがとうございました!

――ありがとうございました。

◆「注目インディーミニ問答」について
本連載は、リリース直後インディーデベロッパーメールで作品についてインタビューする連載企画です。定期的な連載にするため質問はフォーマット化し、なるべく多くのデベロッパーの声を届けることを目標としています。既に400を超える他のインタビュー記事もあわせてお楽しみください。

《Chandler》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top