【文字入力自分でしないと呪文発動しない設定、できます】『ウィザードリィ外伝 五つの試練』追加情報公開―新シナリオセレクタやオプション画面など | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【文字入力自分でしないと呪文発動しない設定、できます】『ウィザードリィ外伝 五つの試練』追加情報公開―新シナリオセレクタやオプション画面など

……オプションの、現代からは一見無駄な項目には人それぞれのこだわりが。だって40年だもの。

PC Windows
【文字入力自分でしないと呪文発動しない設定、できます】『ウィザードリィ外伝  五つの試練』追加情報公開―新シナリオセレクタやオプション画面など
  • 【文字入力自分でしないと呪文発動しない設定、できます】『ウィザードリィ外伝  五つの試練』追加情報公開―新シナリオセレクタやオプション画面など
  • 【文字入力自分でしないと呪文発動しない設定、できます】『ウィザードリィ外伝  五つの試練』追加情報公開―新シナリオセレクタやオプション画面など
  • 【文字入力自分でしないと呪文発動しない設定、できます】『ウィザードリィ外伝  五つの試練』追加情報公開―新シナリオセレクタやオプション画面など
  • 【文字入力自分でしないと呪文発動しない設定、できます】『ウィザードリィ外伝  五つの試練』追加情報公開―新シナリオセレクタやオプション画面など
  • 【文字入力自分でしないと呪文発動しない設定、できます】『ウィザードリィ外伝  五つの試練』追加情報公開―新シナリオセレクタやオプション画面など
  • 【文字入力自分でしないと呪文発動しない設定、できます】『ウィザードリィ外伝  五つの試練』追加情報公開―新シナリオセレクタやオプション画面など
  • 【文字入力自分でしないと呪文発動しない設定、できます】『ウィザードリィ外伝  五つの試練』追加情報公開―新シナリオセレクタやオプション画面など
  • 【文字入力自分でしないと呪文発動しない設定、できます】『ウィザードリィ外伝  五つの試練』追加情報公開―新シナリオセレクタやオプション画面など

株式会社イード(本社:東京都中野区、代表取締役:宮川 洋)は、同社の運営するゲームメディア「Game*Spark」のブランドにて2021年6月18日にSteamにて早期アクセスを開始予定のWindows向け3DダンジョンRPG『ウィザードリィ外伝 五つの試練』について、追加の情報を公開しました。

■新機能紹介「本体組み込み型の新シナリオセレクタ」

Steam版では、公式シナリオ各種や、膨大なユーザーシナリオをプレイするためのシナリオセレクタも新たな姿に。ゲーム内から検索や、シナリオのダウンロード・実行がシームレスに可能になり、オリジナル版『五つの試練』のような認証などを意識しないで楽しめます。主要設定の閲覧機能が新たに追加された他、新エディタで更新されたシナリオではシナリオ解説やバランス傾向などの記述も行えます。また、後日実装予定のSteamワークショップでは、Steamの強力なコミュニティ機能のもとでユーザーとシナリオ作者が容易にコミュニケーション可能となります。

■新機能紹介「ゲームパッド対応」

PS4/Xbox360系/ニンテンドースイッチなど各種のゲームパッドに対応。Steamクライアントの特徴的な機能「Steam入力」にネイティブ対応しており、それを用いたキーコンフィグも行えるほか、Steam Big Pictureモード上であれば、文字入力も含め全編をゲームパッドのみでプレイすることもできます。

■新機能紹介「Steamクラウド対応」

Steamクライアントの特徴的な機能である、「Steamクラウド」も、もちろん利用可能。オンライン接続さえあれば、ユーザーは特に意識することなく、別のPC上でも以前のプレイの続きをそのまま楽しめます。

■ゲーム内オプション項目を紹介!

同作では、オリジナル版『五つの試練』同様、様々なゲーム内項目を設定することが可能です。各項目ごとの言語切替や、UI・迷宮描画の選択、移動時アニメーションの有無だけでなくBGM/効果音の音量及びON/OFF、決定キー入れ替えなどにも対応。

中には、唱える呪文や解除する宝箱の罠を実際にキーボードで入力しなくてはならない「キーボード入力」の設定、オートマッピング(マップの閲覧自体は呪文や特殊なアイテムの利用が必要です)のON/OFFなども用意しており、40年来のオールドユーザーでも満足いただけます。

また、オリジナル版『五つの試練』でも用意されていた、ボーナスポイントの上限と引き換えにキャラ作成時に上級職を含む任意の職業に就職可能なキャラ作成「TYPE-A」設定も引き続き選択可能です。

■「カスタムポートレート機能」詳細説明をTwitterにて公開中!

先日公開された新機能、「カスタムポートレート機能」。その詳細な使い方などを公式Twitterアカウントにて公開中です。円滑なプレイ開始のためにポートレートを準備しておきたい冒険者たちは確認しておきましょう。

https://twitter.com/i/events/1402202716194050049

『ウィザードリィ外伝 五つの試練』およびサウンドトラックはSteamにて2021年6月18日発売予定です。

《Arkblade》
Arkblade

関連業界のあちこちにいたりいなかったりしてる人 Arkblade

小さいころからPCゲームを遊び続けて(コンソールもやってるよ!)、あとは運と人の巡りで気がついたら、業界のあちこちにいたりいなかったりという感じの人に。この紹介が書かれた時点では、Game*Sparkに一応の軸足を置きつつも、肩書だけはあちこちで少しづつ増えていったりいかなかったり…。それはそれとしてG*Sが日本一宇宙SFゲームに強いメディアになったりしないかな。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. Steamで“圧倒的に不評”のリメイク版『XIII』大規模アップデート9月13日配信―開発スタジオを変更し多くの要素をリファイン

    Steamで“圧倒的に不評”のリメイク版『XIII』大規模アップデート9月13日配信―開発スタジオを変更し多くの要素をリファイン

  2. ドラガミゲームス『Relayer』『GOD WARS』などの角川ゲームスからの移管15タイトルを販売開始

    ドラガミゲームス『Relayer』『GOD WARS』などの角川ゲームスからの移管15タイトルを販売開始

  3. 本編でも使えるチャリス嬢参戦!『Cuphead』の新たな冒険「The Delicious Last Course」DLC発売

    本編でも使えるチャリス嬢参戦!『Cuphead』の新たな冒険「The Delicious Last Course」DLC発売

  4. ドタバタ仲間増殖アクションRPG『The Lord of the Parties』リリース

  5. 未知の次元と対峙するサイケデリックホラーADV『THE CHANT』ストーリートレイラー公開!

  6. 洞窟サンドボックスADV『Core Keeper』販売本数100万本突破!早期アクセス開始から4か月ほどで達成

  7. シリーズ最新作『マーセナリーズリバース 追憶のワイルドリンクス』Steam版配信開始―10%OFFセールや記念キャンペーン実施

  8. 『モンハンライズ:サンブレイク』「ダイミョウザザミ」の“操竜走り”がカサカサして可愛い!? 発売初日からトレンド入りする人気に

  9. 【Steamサマーセール】死んでもめげずに立ち向かえ!GSオススメ「ローグライトゲーム」10タイトル

  10. 『ディアブロ II リザレクテッド』マルチプレイヤーロビー改善のパッチ配信―7月1日~5日はドロップ率ボーナスも

アクセスランキングをもっと見る

page top