コアゲーマーなら見逃すな!今週の特選インディー3選(9月第3週)―人気急上昇のタクティカルFPS、ついに正式リリース間近の学園ヤンデレシムほか | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

コアゲーマーなら見逃すな!今週の特選インディー3選(9月第3週)―人気急上昇のタクティカルFPS、ついに正式リリース間近の学園ヤンデレシムほか

他にも、半吸血鬼ヴァンパイアハンターの2Dハクスラアクションなど、ゲムスパならではのセレクトになっています。

連載・特集 特集

Game*Spark編集部がオススメする特選インディー3選をお届け!

今週は、リマスター版となる半吸血鬼ヴァンパイアハンターの2Dハクスラアクション『BloodRayne Betrayal: Fresh Bites』、人気急上昇入りした『SWAT 4』チックなタクティカルFPS『Zero Hour』、ついに正式リリース間近のオープンワールドステルスアクション『Yandere Simulator』の3本です。

『BloodRayne Betrayal: Fresh Bites』

2011年に発売された、孤高のヴァンパイアハンターであり半吸血鬼の主人公が、広大な地下城塞を駆ける2Dハクスラアクション『BloodRayne Betrayal』(日本では2014年に『ブラッドレイン 深紅の叛逆者』として発売)のリマスター版となる『BloodRayne Betrayal: Fresh Bites』が配信開始されました。本作はリマスターにより最大4K解像度への対応やオリジナルの『BloodRayne』のキャストによるボイスの新録、新たな難易度オプションの導入などが行われています。

タイトル:BloodRayne Betrayal: Fresh Bites
対応機種:PC(Steam/GOG.com)/PS5/PS4/Xbox Series X|S/Xbox One/ニンテンドースイッチ
価格:2,050円


『Zero Hour』

2020年8月13日より早期アクセスを開始したM7 Productions、AttritoによるタクティカルFPS『Zero Hour』。5対5のデスマッチなどの対人戦の他にも、完全ソロ攻略によるAIのテロリストを状況に応じて最適な方法で無力化していくソロ/Co-opモードがあります。プレイヤーはテロリストに対し投降を呼びかけた上で、投降したテロリストは拘束、反抗しようとするテロリストは射殺もしくは武器を落とさせて無力化していかなければならず、かつての名作『SWAT 4』を彷彿とさせるような作品となっています。先日実施されたSteamセール時には人気急上昇入り。Game*Sparkではプレイレポートも掲載しているので気になる方はこちらもご覧ください。

タイトル:Zero Hour
対応機種:PC(Steam
発売日:2020年8月13日
価格:1,220円


『Yandere Simulator』

PC向けに公式サイトにてデモ版が配信中の、Yandere Devによる学園ヤンデレステルスシミュレーション。その正式リリースを近日中に行うことが公式ブログにて予告されました。本作は、憧れの「Senpai」に纏わりつく恋敵を排除し、ハッピーエンドを目指す三人称視点のオープンワールドステルスアクション。正式リリースにあたって実装される「10 Rivals Update」では新たなエンディングを実装。武器を持っているところを何回目撃されたか、学校で何人の生徒がプレイヤーを殺人犯だと思っているかなどのステータスが追加され、これらの要素によってエンディングが変化します。また、クリア後は6段階で成績が評価され、主人公のヤンデレ度によって高評が与えられます。

タイトル:Yandere Simulator
対応機種:PC

今回紹介したタイトルは、記事のPVデータから注目度を算出しセレクトしています。

《neko》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top