過去の自分と謎を解くパズルゲーム『Hourglass』―『Portal』『The Witness』『The Talos Principle』のどれかが好きな人にはぴったり【開発者インタビュー】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

過去の自分と謎を解くパズルゲーム『Hourglass』―『Portal』『The Witness』『The Talos Principle』のどれかが好きな人にはぴったり【開発者インタビュー】

この能力が実際に使えたら…と考えてみましたが、あまり現実での使い道はなさそう?

連載・特集 特集
過去の自分と謎を解くパズルゲーム『Hourglass』―『Portal』『The Witness』『The Talos Principle』のどれかが好きな人にはぴったり【開発者インタビュー】
  • 過去の自分と謎を解くパズルゲーム『Hourglass』―『Portal』『The Witness』『The Talos Principle』のどれかが好きな人にはぴったり【開発者インタビュー】
  • 過去の自分と謎を解くパズルゲーム『Hourglass』―『Portal』『The Witness』『The Talos Principle』のどれかが好きな人にはぴったり【開発者インタビュー】
  • 過去の自分と謎を解くパズルゲーム『Hourglass』―『Portal』『The Witness』『The Talos Principle』のどれかが好きな人にはぴったり【開発者インタビュー】
  • 過去の自分と謎を解くパズルゲーム『Hourglass』―『Portal』『The Witness』『The Talos Principle』のどれかが好きな人にはぴったり【開発者インタビュー】
  • 過去の自分と謎を解くパズルゲーム『Hourglass』―『Portal』『The Witness』『The Talos Principle』のどれかが好きな人にはぴったり【開発者インタビュー】

気になる新作インディーゲームの開発者にインタビューする本企画。今回は、Cyberwave開発、PC向けに10月22日にリリースされた過去の自分と謎を解くパズルゲーム『Hourglass』開発者へのミニインタビューをお届けします。

本作は、自分が動いて行ったアクションを記録し、記録した過去の自分自身と一緒に謎を解いて行くパズルゲーム。プレイヤーは主人公「アイワ」としてプレイし、最後の遠征で行方不明になった考古学者の父親を捜し、エジプトへと赴きます。日本語にも対応済み。

『Hourglass』は、2,570円で配信中


――まずは自己紹介をお願いします。一番好きなゲームは何ですか?

Cyberwave本作を開発したドイツの開発チームCyberwaveです。PatrickとBenの2人で活動しています。本作の開発開始以前は、PatrickはYouTuber兼ストリーマー(Clym)として活動しており、BenはTHQ Nordicで『Desperados III』の3Dアーティストをしていました。

Patrickが一番好きなゲームは、その素晴らしいストーリーとユニークなゲームプレイが特徴の『Outer Wilds』です。Benが一番好きなゲームは、その高い没入感のあるオープンワールドが特徴の『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』ですね。

――本作の開発はなぜ始まったのですか?

Cyberwave大学生の頃、私たちは「以前の自分自身と協力しなくては解けないパズルゲーム」というアイデアを思いつきました。2018年にはプロトタイプを作ったのですが、これがとても良い出来になったのです。そのため、2019年にはKickstarterキャンペーンを開始し、フルタイムで本作の開発に取り組めるよう、資金集めを行いました。

――本作の特徴を教えてください。

Cyberwave本作の最も特徴的な点は変わった組み合わせによるゲームの舞台と、時間を記録するというプレイヤーの能力です。プレイ開始直後は、古代の宮殿、美しい河、そしてピラミッドがある古代エジプトを旅することとなります。しかし先に進むと、大きなポータルを使って空に浮かぶ島々と言うまったく異なる世界に行くこととなるのです。このコントラストが、本作に多くの多様性をもたらしています。

もう一つの本作の特徴は、時間を記録できるというプレイヤーのメインとなる能力です。プレイヤーは以前の自分自身と一緒にパズルを解く、と言うことを考えなければならず、これがとても個性的であり、プレイヤーへの挑戦となるでしょう。プレイヤーは自分の動きとタイミングの計画を立てなければならず、自分の動きが未来のパズルにどんな影響を与えるか、考えなければならないのです。

――本作はどんな人にプレイしてもらいたいですか?

Cyberwave本作はパズルゲームが好きな人全員に向けたゲームです。特に『Portal』『The Witness』『The Talos Principle』のどれかが好きな人にはぴったりだと思います。本作はこれらのゲームから主に影響を受けて作られました。

――新型コロナウイルスによる開発への影響はありましたか?

Cyberwave私たちはコロナ禍以前から自宅で開発をしていましたので、新型コロナの影響はありませんでした。gamescomのようなイベントにはオンラインで参加させていただきましたが、これが開発においてアドバンテージとなったのか、ディスアドバンテージとなったのか、正直わかりません。

――本作の配信や収益化はしても大丈夫ですか?

Cyberwaveはい、本作を配信し、収益化していただいて問題ありません。

――最後に日本の読者にメッセージをお願いします。

Cyberwave私たちは日本文化と日本のゲーム産業が大好きで、日本には何度も旅行で行ったことがあります。皆さんからのフォードバックがとても楽しみです。ぜひお気軽に、本作の感想を教えていただけると嬉しいです。

――ありがとうございました。

◆「注目インディーミニ問答」について
本連載は、リリース直後インディーデベロッパーメールで作品についてインタビューする連載企画です。定期的な連載にするため質問はフォーマット化し、なるべく多くのデベロッパーの声を届けることを目標としています。既に500を超える他のインタビュー記事もあわせてお楽しみください。

《Chandler》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top