『Hundred Days』「若い」ってなんだ?ブドウ品種の特徴を読んでみよう【ゲームで英語漬け#83】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Hundred Days』「若い」ってなんだ?ブドウ品種の特徴を読んでみよう【ゲームで英語漬け#83】

勉強を楽しめる人は翻訳者に向いているかも?

連載・特集 特集
『Hundred Days』「若い」ってなんだ?ブドウ品種の特徴を読んでみよう【ゲームで英語漬け#83】
  • 『Hundred Days』「若い」ってなんだ?ブドウ品種の特徴を読んでみよう【ゲームで英語漬け#83】
  • 『Hundred Days』「若い」ってなんだ?ブドウ品種の特徴を読んでみよう【ゲームで英語漬け#83】
  • 『Hundred Days』「若い」ってなんだ?ブドウ品種の特徴を読んでみよう【ゲームで英語漬け#83】
  • 『Hundred Days』「若い」ってなんだ?ブドウ品種の特徴を読んでみよう【ゲームで英語漬け#83】
  • 『Hundred Days』「若い」ってなんだ?ブドウ品種の特徴を読んでみよう【ゲームで英語漬け#83】
  • 『Hundred Days』「若い」ってなんだ?ブドウ品種の特徴を読んでみよう【ゲームで英語漬け#83】
  • 『Hundred Days』「若い」ってなんだ?ブドウ品種の特徴を読んでみよう【ゲームで英語漬け#83】

冬の足音が近づいてくる晩秋の11月は、収穫されたばかりの実りを味わうのにぴったりの時期。その代表である「Beaujolais Nouveau(ボジョレー・ヌーヴォー)」の解禁日まであと2週間を切りました。日本では空輸の値段が上乗せされるので「お祭り価格」にはなりますが、「初物」や収穫祭を祝うものだと思えばそんなに悪い気はしないかも?

ワインはゲームにおいてもその土地の文化を示すアイテムとしてもよく登場しますね。今年はなんとワイン造りをシミュレーションできる『Hundred Days』が登場しました。5月発売から着々と改良を加えており、10月にはローカライズが大幅に改善され、ストーリーモードも日本語でしっかり読めるようになっています。

そしてボジョレー・ヌーヴォー解禁日に合わせた11月17日には、アメリカ・カリフォルニア舞台にした新エリア「NAPA Valley」が配信。ワイン生産者が丁寧に「熟成」させた『Hundred Days』を味わうなら今がぴったりですね。

練習問題の解答

『Hellblade: Seuna‘s Sacrifice』内なる囁き声に耳を澄ませ―立体音響のリスニング【ゲームで英語漬け#82】

問:
The fire-giants dwell in Muspellsheim, Niflheim is the world of ice and darkness.
Only the dead dwell in Helheim - and that is where you must travel.

解答例:
炎の巨人が住まうムスペルスヘイム、闇と氷の世界ニフルハイム。
死者のみが住まうヘルヘイム―おまえが行くべき場所はそこだ。

Reading: Wine Info

ワインについて全く知らないという人でも、作業を重ねることでワインの基礎を覚えられる本作は、ブドウ品種の特徴においても抜かりはありません。登場するのは舞台となるピエモンテで栽培されているもので、最初の畑の「Barbera」は最もポピュラーな品種となります。

Barbera is known for its deep color, full body, low tannins and high levels of acidity.

When young, the wines offer a very intense aroma of fresh red cherries and blackberries.

  • Body:ボディ(専:風味の重厚さ)

  • Tannin:タンニン(渋味の元)

  • Acidity:酸味

  • Aroma:香り、アロマ

バルベーラは深い色味、フルボディ、低いタンニンと高い酸味で知られている。
若い時にはワインに新鮮なレッドチェリー、ブラックチェリーの濃密なアロマが現れる。

ワインをはじめとする業界の用語を翻訳するときに重要なのが、「専門用語の一覧」の入手です。見慣れている単語であっても、業界では違う意味合いを持って使われるのはよくあることで、この例では「Body」が身体のことではなく、風味の強さを表す用語「ボディ」として使われるのでそのままカタカナで表記します。

問題は“When young”の部分です。主語がないので若い木か実かと思いましたが、ワイン用語で「Young(若い)」「Old(古い)」とは熟成の期間の長短を指します。ワインの文脈で単純に「若い」という場合は、製造してそれほど時間が経っていない新しいワインです。ワインは瓶詰め後も熟成が進むので、購入後も数年、あるいは数十年かけて適切に保管すれば味が変わる「古い」ワインになるです。バルベーラにはそうして寝かせる前にしかない香りがあると言うことですね。

Nebbiolo produces lightly-colored red wines which can be highly tannic in youth with scents of roses. As they age, the wines take on a characteristic brick-orange hue at the rim of the glass and mature to reveal other aromas and flavors such as violet, wild herbs, cherries, truffles, tobacco and prunes.

  • Scent:香り

  • Age:寝かせる、エイジング

  • Mature:熟成する

ネッビオーロは明るい色の赤ワインを造り、若いうちは高タンニンとバラの香りになる。寝かせるにつれて、グラスの縁にレンガのようなオレンジ色を帯びるという特徴があり、熟成によりスミレ、野生ハーブ、チェリー、トリュフ、タバコ、プルーンなど他の風味が現れる。

品種ツリーで2番目の赤ワイン用ブドウ「ネッビオーロ」です。品種名はイタリア、フランスを始め様々な国の読み方が混ざっているので、カタカナ表記をその都度確認した方がいいですね。ワインの香りの表現にはフルーツ、ハーブに加えて「干し草」や「なめし革」などの一見おいしくなさそうなものも含まれています。

これらは「アロマチャート」と呼ばれる香りの種類を分類した表に記載されており、酵母や樽熟成、製造工程の不備によるものもあります。ワインをソムリエがテイスティングするときには、アロマチャートの表現を元に、ブドウや土地の状態を逆算していくのです。このように専門性の高い文章では、「どんな情報を読み取れるか、伝えようとしているのか」までを把握しなければ、文意を取り違えて大きな誤訳をしてしまうこともあるでしょう。

翻訳の品質を上げて行くには、専門外の分野に出くわしたときにもおろそかにせずその都度調べることが大切です。ゲームでも本作のようなユニークなシミュレーターが増え、有志翻訳をやるにもおいそれと専門家の監修を仰ぐわけにはいきません。こういった業界用語は調べても簡単に出てくるものばかりではないので、検索エンジンの使い方であったり、図書館や書店で本に当たったり、時には自分で実践してみたりと、知らないことについて勉強を楽しむのが一番ですね。

練習問題:次の英文を訳しなさい。

Winemaking has ruled my life as a tyrant, devouring any freetime I had, until I find myself at the end of my journey, still chasing the perfect wine.

ストーリーモードの主人公エマに届いた一通の手紙。ワイン造りの大変さと奥深さがこの一文に込められています。葡萄の奴隷となるか良き主人となるか、プレイヤーの腕の見せ所です。

《Skollfang》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top