親友を探しに、人が消え儚い光に照らされるピクセル調の街へ『Tokyo Stories -working title-』エモーショナルなドット絵ADV体験レポ【BitSummit X-Roads】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

親友を探しに、人が消え儚い光に照らされるピクセル調の街へ『Tokyo Stories -working title-』エモーショナルなドット絵ADV体験レポ【BitSummit X-Roads】

どこか儚さを感じさせる独特なビジュアルに一目惚れする人も続出した『Tokyo Stories -working title-』のプレイレポートをお届け!

連載・特集 プレイレポート
親友を探しに、人が消え儚い光に照らされるピクセル調の街へ『Tokyo Stories -working title-』エモーショナルなドット絵ADV体験レポ【BitSummit X-Roads】
  • 親友を探しに、人が消え儚い光に照らされるピクセル調の街へ『Tokyo Stories -working title-』エモーショナルなドット絵ADV体験レポ【BitSummit X-Roads】
  • 親友を探しに、人が消え儚い光に照らされるピクセル調の街へ『Tokyo Stories -working title-』エモーショナルなドット絵ADV体験レポ【BitSummit X-Roads】
  • 親友を探しに、人が消え儚い光に照らされるピクセル調の街へ『Tokyo Stories -working title-』エモーショナルなドット絵ADV体験レポ【BitSummit X-Roads】
  • 親友を探しに、人が消え儚い光に照らされるピクセル調の街へ『Tokyo Stories -working title-』エモーショナルなドット絵ADV体験レポ【BitSummit X-Roads】
  • 親友を探しに、人が消え儚い光に照らされるピクセル調の街へ『Tokyo Stories -working title-』エモーショナルなドット絵ADV体験レポ【BitSummit X-Roads】
  • 親友を探しに、人が消え儚い光に照らされるピクセル調の街へ『Tokyo Stories -working title-』エモーショナルなドット絵ADV体験レポ【BitSummit X-Roads】
  • 親友を探しに、人が消え儚い光に照らされるピクセル調の街へ『Tokyo Stories -working title-』エモーショナルなドット絵ADV体験レポ【BitSummit X-Roads】

2022年8月7日から8月8日にかけて開催され大盛況となった日本最大級のインディーゲームイベント「BitSummit X-Roads」から、ライターが気になった作品をピックアップして注目タイトルのプレイレポートをお届けしていきます。

会場にはピクセルアート、つまりはドット絵でのグラフィックを用いたインディーゲームが多数並びましたが、本稿ではその中でも一風変わったルックで注目を集めた『Tokyo Stories -working title-』のプロトタイプ版プレイレポートをお届けします。


舞台は東京。主人公は姿を消してしまった親友を探しに、どこか幻想的な雰囲気で描かれる街を探索します。プロトタイプ版とあって今回は街を歩いて親友の姿を見かけるところまでの数分間と非常に短いボリュームながらも、音楽やグラフィックからゲームの雰囲気は十分に伝わってきます。

実はこの『Tokyo Stories -working title-』は3DCGをピクセルアート調に見せる表現を使用しており、懐かしさを感じる見た目に反してキャラクターの動きは非常に滑らかで、光源によって影が自然と動くのが不思議な感覚でした。

カメラワークはキャラクターの移動で自動で切り替わる仕様で、場面によって見下ろしや遠景を使い分けることでピクセルアート風の背景の美しさや幻想的な雰囲気が際立って感じられます。

静止画では伝わりづらいですが、ピクセルなのに滑らかに動くキャラクターが不思議な感触

会場では開発者の方に本作についてお話を聞くことができましたが、やはり「ピクセルアートのゲームを作りたくて」と、グラフィック面にはこだわって制作されているとのこと。現時点でもビジュアル面の完成度は高く感じられますが「キャラクターが横に歩くときはちゃんと横歩きするようなリアルさも考えています」と、更なるブラッシュアップにも意欲を見せていました。

見下ろし視点では思わずキャラクターをグルグル回らせてしまいがち。これも3DCGを使っているからこそですが、今後のブラッシュアップではよりリアルな動きを目指すとのこと

友人の失踪というゲームのテーマはどことなく暗く感じられますが、あくまでホラーやミステリーではなく「『なぜ友達はいなくなってしまったのか、自分に悪いところがあったのではないか』と問いかけながら気付きを得ていくような物語」とのこと。

まだまだゲームの全貌が明らかになるまでは時間がかかる見込みですが「BitSummit X-Roads」会場内では既に大きな注目を集めていた本作。どこか懐かしさや儚さを感じる雰囲気やピクセルアート調の独特なグラフィックが気になった方は、是非続報にご注目ください。

編集部では本作でインディーゲームへも挑戦することになるドリコムと、元SCEでPS3『rain』などを手掛けた本作開発者へのインタビューも合わせ実施しました。その様子は追ってお届けします。


HyperX Cloud Earbuds ゲーミングイヤホン
¥3,990
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《ハル飯田》
ハル飯田

よく遊び、よく喋る関西人 ハル飯田

1993年、大阪府生まれ。一旦は地元で公務員になったものの、ゲームが好きすぎて気付いたらフリーライターに。他メディアではeスポーツ選手や競技シーンの魅力を発信することに注力したり大会でキャスターを務めたりもするのだが、インサイド&ゲムスパではもっぱら好きなゲームについて語ることで安らかな気持ちになっている。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top