横スクシミュレーション『Kingdom』シリーズ最新作はまさかの80年代がテーマ!『Kingdom Eighties』プレイレポ【BitSummit X-Roads】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

横スクシミュレーション『Kingdom』シリーズ最新作はまさかの80年代がテーマ!『Kingdom Eighties』プレイレポ【BitSummit X-Roads】

王となり、横スクロールで陣地を拡張する独特のシミュレーションシリーズ最新作はなんと80年代カルチャーがテーマと大幅なイメージチェンジを図ります。そのテーマでどんなゲームプレイになっているのでしょうか。

連載・特集 プレイレポート
横スクシミュレーション『Kingdom』シリーズ最新作はまさかの80年代がテーマ!『Kingdom Eighties』プレイレポ【BitSummit X-Roads】
  • 横スクシミュレーション『Kingdom』シリーズ最新作はまさかの80年代がテーマ!『Kingdom Eighties』プレイレポ【BitSummit X-Roads】
  • 横スクシミュレーション『Kingdom』シリーズ最新作はまさかの80年代がテーマ!『Kingdom Eighties』プレイレポ【BitSummit X-Roads】
  • 横スクシミュレーション『Kingdom』シリーズ最新作はまさかの80年代がテーマ!『Kingdom Eighties』プレイレポ【BitSummit X-Roads】
  • 横スクシミュレーション『Kingdom』シリーズ最新作はまさかの80年代がテーマ!『Kingdom Eighties』プレイレポ【BitSummit X-Roads】
  • 横スクシミュレーション『Kingdom』シリーズ最新作はまさかの80年代がテーマ!『Kingdom Eighties』プレイレポ【BitSummit X-Roads】

横スクロールのアクションやアドベンチャーみたいな外観で、プレイヤーは中世ファンタジー世界の王となって陣地を拡張し、強化異次元からやってくる脅威と戦うRaw Fury(Fury Studios)が手掛ける『Kingdom』シリーズ。その最新作『Kingdom Eighties』には驚かされました。なにせこれまでの中世ファンタジーの世界観じゃなく、なんと80年代アメリカの世界観に変わっていたのですから……!

大幅なイメージチェンジを図った本作は、はたしてこれまでのシリーズとどういう点が変わっているのでしょうか?8月6日~7日に開催された「BitSummit X-Roads」で出展されていたデモ版のプレイレポートとスタッフへのインタビューをお届けします。

馬からチャリへ。王からフードの少年へ。

『Kingdom』シリーズといえば “馬に乗って駆け抜ける王”が象徴的な存在でしょう。では80年代アメリカに舞台を変えた『Kingdom Eighties』ではどうなっているかというと……なんとフードを被った少年が、自転車に乗って陣地を行き来する形に変わっているのです。一応、フードの上に王冠も被ってはいるのですが……。

基本的なゲームプレイはシリーズならではのもの。プレイヤーが周囲を駆け回ってお金を集め、陣地を守る人間を雇い、武器を買ったりバリケードを張ったりしながら強化していく流れは踏襲しています。

ですが80年代らしさを表現するさまざまな要素が独特さを形作っています。音楽はシンセが効いたサウンドが流れていますし、ビビットな紫色が印象的なアートワークなどがこれまでのシリーズと異なる印象を生み出しています。考えてみれば「フードの少年が自転車で駆け抜ける」もスピルバーグの名作映画「E.T.」の引用ですよね。たぶん。

80年代風にした背景には、これまでのシリーズより物語性を高める意図も

この内容にあまりに驚いて、ついついブースの方に今回の80年代に変更した理由を伺うと「今回はこれまでのシリーズと比べて、ストーリーの要素を強めたものにしたい」との意図もあるとのこと。

バックストーリーとしては、町に異世界から来た脅威と対抗するために、主人公のフードの少年が周りの仲間と協力しながら立ち向かっていく……という内容なのだそう。その言葉どおり、ゲーム中で他NPCのために特定のアイテムを探してあげると、仲間になって一緒に自転車で駆けてくれる展開もあるなど、熱い展開が待ち構えていそうです。

また、本作のストーリーの空気感には、あのNetflix人気ドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」の影響もあるといいます。80年代をテーマとした作品の代表的な一作が、まさかの『Kingdom』シリーズに影響を及ぼしているというのは驚きでした。

意外な展開ながらもシリーズの遊びやすさは安定である『Kingdom Eighties』。現在、開発が進められています。


《葛西 祝》
葛西 祝

ジャンル複合ライティング 葛西 祝

ビデオゲームを中核に、映画やアニメーション、現代美術や格闘技などなどを横断したテキストをさまざまなメディアで企画・執筆。Game*SparkやInsideでは、シリアスなインタビューからIQを捨てたようなバカ企画まで横断した記事を制作している。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top