時代はAIによる全自動ダンジョン攻略!『Algolemeth(アルゴレメス)』プレイレポ【東京ゲームダンジョン2】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

時代はAIによる全自動ダンジョン攻略!『Algolemeth(アルゴレメス)』プレイレポ【東京ゲームダンジョン2】

ダンジョンRPGって探索前の準備している時が一番楽しいよね…という方にピッタリな作品をプレイレポートでお届けします

連載・特集 イベントレポート
時代はAIによる全自動ダンジョン攻略!『Algolemeth(アルゴレメス)』プレイレポ【東京ゲームダンジョン2】
  • 時代はAIによる全自動ダンジョン攻略!『Algolemeth(アルゴレメス)』プレイレポ【東京ゲームダンジョン2】
  • 時代はAIによる全自動ダンジョン攻略!『Algolemeth(アルゴレメス)』プレイレポ【東京ゲームダンジョン2】
  • 時代はAIによる全自動ダンジョン攻略!『Algolemeth(アルゴレメス)』プレイレポ【東京ゲームダンジョン2】
  • 時代はAIによる全自動ダンジョン攻略!『Algolemeth(アルゴレメス)』プレイレポ【東京ゲームダンジョン2】
  • 時代はAIによる全自動ダンジョン攻略!『Algolemeth(アルゴレメス)』プレイレポ【東京ゲームダンジョン2】

画像生成やチャットボットなど、驚く程の早さで進化し、日常を便利にする(時には脅かす?)AI技術。そんな「AI作成」をゲームとして組み込んだAlgolemeth(アルゴレメス)を、先日開催されたインディーゲームイベント東京ゲームダンジョン2」でプレイしてきました。

AIを作成、と聞く限りでは難しそうな印象をプレイ前に持っていました。ですがプレイしてみると直感的に分かりやすく、理想の動きを作れた時についニヤニヤしてしまうゲームでした。

◆線をつなげて行動を組み立てよ。トライアンドエラーで最適解を導き出せ。

Algolemeth(アルゴレメス)』はパーティを編成し、ダンジョンを攻略していくRPG。ですが、プレイヤーはダンジョン内で操作することは出来ません。出来るのはダンジョンに入る前、ゴーレムの行動を「組むこと」だけです。

ダンジョン探索の実行役であるゴーレムは「モジュール」と呼ばれる札の書かれている通りに行動します。サムライの戦闘ロジックを見てみると、「START」の札から始まり「ACTION(通常攻撃)」の札へ線を繋げられ、最後にTARGET(ランダムな敵)の札へと繋がっています。これにより、サムライは自分の行動順になると「ランダムな敵に通常攻撃」を忠実に行います。

チュートリアルでの攻略中、IF(条件分岐)のモジュールと回復魔法のモジュールが出たので、プリーストにセットしていきます。線を繋げて「もし味方のHPが50%以下なら、最もHPの低いゴーレムに回復魔法をする」ように組みました。

画像では適当な配置ですが、モジュールの置き場所は枠内なら自由に変えられるので、整理すればもっと美しく見やすくなるハズ…。
線に沿ってモジュールが点滅する時の「コツコツコツ」というSEが小気味よい。

戦闘ロジックが上手く機能し普段は攻撃、HPの減った味方が出ると回復するように。おかげでダンジョン奥深くまで行くことができました。このように、ダンジョン攻略が失敗したらモジュールを見直し、最適解を見つけ出すのが本作のキモとなりそうです。

今回のプレイでは回復魔法関連のモジュールがドロップしましたが、他にも攻撃魔法のモジュール、防御行動のモジュールなど多種多様なモジュールが用意されています。ただ、モジュールの個数はパーティーで共有なので、パーティ編成によっては一つしかないモジュールを誰に付けるか悩む場面も多くなりそうです。

敵のモジュールを把握して、こちらもモジュールを変えなくてはならない。それにしてもこのウィッチのモジュールの並び、整理されてて非常に綺麗…。

今回の体験版では戦闘モジュールのみですが、今後は「トラップがあったらどのゴーレムが踏むか」などといったダンジョン内イベントのモジュールも実装予定だそうです。発売は2024年を目標としていて、Steam他でのリリースを予定。全自動ダンジョンRPG『Algolemeth(アルゴレメス)』が気になった方は公式サイト公式ツイッター、開発者のガンジーさんのTwitterで情報を追いかけましょう。


Carnage Heart EZ
¥2,750
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
Amazonギフトカード 封筒タイプ - 金額指定可(スタンダード)
¥5,000
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《しじま 連》
しじま 連

雑食半熟ゲームライター しじま 連

縁があってゲームライター。ゲーム、漫画、アニメ、映画、小説、雑多に手広くイイ感じに手を出してる。ゲームはインディーゲームを中心にRPGやアドベンチャーゲームを好みます。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top