240Hzゲーミングディスプレイ「XL2540」が展示!―BenQ新製品内覧会 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

240Hzゲーミングディスプレイ「XL2540」が展示!―BenQ新製品内覧会

ベンキュージャパンは、都内の品川シーズンテラスにてBenQ ZOWIEシリーズ ゲーミングディスプレイの新製品内覧会を実施しました。

ゲーム機 周辺機器
240Hzゲーミングディスプレイ「XL2540」が展示!―BenQ新製品内覧会
  • 240Hzゲーミングディスプレイ「XL2540」が展示!―BenQ新製品内覧会
  • 240Hzゲーミングディスプレイ「XL2540」が展示!―BenQ新製品内覧会
  • 240Hzゲーミングディスプレイ「XL2540」が展示!―BenQ新製品内覧会
  • 240Hzゲーミングディスプレイ「XL2540」が展示!―BenQ新製品内覧会
  • 240Hzゲーミングディスプレイ「XL2540」が展示!―BenQ新製品内覧会
  • 240Hzゲーミングディスプレイ「XL2540」が展示!―BenQ新製品内覧会
  • 240Hzゲーミングディスプレイ「XL2540」が展示!―BenQ新製品内覧会
  • 240Hzゲーミングディスプレイ「XL2540」が展示!―BenQ新製品内覧会

ベンキュージャパンは、都内の品川シーズンテラスにてBenQ ZOWIEシリーズ ゲーミングディスプレイの新製品内覧会を実施しました。

今回の出展では、世界初の240Hz垂直リフレッシュレートで動作するゲーマー向けディスプレイ新製品「XL2540」や、反応速度に優れた27インチ「RL2755」、24インチの「RL2455」、そして「XL2430」、「XL2411」、「XL2735」が展示されていました。

XL2540

目玉となる240Hzの「XL2540」は、Blizzardの人気FPS『オーバーウォッチ』を使って展示されており、その滑らかな反応速度を実際に確認。60Hzや144Hzに比べ、240Hzでは視点を動かすと描写されるコマとコマの間が感じられない程に滑らかに映ります。

ベンキュージャパンの担当者に「XL2540」の詳しい特徴を聞いてみると、240Hz動作ではさらに高いフレームレートを維持しなければならないため、GTX 1080のハイエンドグラフィックカードが要求されるようです。またディスプレイ本体とグラフィックカードはディスプレイポートで接続するようです。

さらに本ディスプレイには、ディスプレイ左右に、より高い集中力を確保するための取り外し可能なアイシールドが付属します。筆者も実際に取り付けられたディスプレイを見てみると、端から先の奥が視界に入らないためゲームプレイの没入感を削ぐことがないと感じました。

ディスプレイの画像モードはFPS1やFPS2、RTSと、任意に設定出来るゲーマー1から3、動画、標準の8つです。ゲーマー1から3は、付属のS.Switch Arcから即座に切り替えられます。

モニタ正面

モニターの設定は、ボタンかS.Switch Arcから行える

モニター横のアイシールドは、前へ畳むとヘッドセットやヘッドフォンを置ける伸縮棒が展開出来る。USBポートもあり

アイシールドはドライバだけでなくコインでも取り外し出来る

モニタ上下の移動率

赤い点を移動させることで上下移動位置の限界も設定出来る

画面モード

入力端子

背面

「XL2540」の枠は、画面からの光が反射しないようなベゼルデザインとなっているため、まさにゲーミングのために生まれたと言えるようなディスプレイとなっています。本体の仕様は、24.5型ワイドで解像度は1920x1080のフルHD、応答速度は1ms(GtG)。入出力端子はHDMI v2.0が1口、HDMI v1.4が1口、DVI-DLが1口、DisplayPortが1口、Micジャック x1(in/out)が1口、ヘッドフォンジャックが1口です。ベンキュー製品にはおなじみのフリッカーフリーやブルーレイト軽減モードに加え、スピーカーも内蔵。

「XL2540」は国内で2月17日からの発売を予定しており、オープン価格を想定していますが、実売価格は8万円前後になるとのことです。
《G.Suzuki》
G.Suzuki

ミリタリーゲームファンです G.Suzuki

ミリタリー系ゲームが好きなフリーランスのライター。『エースコンバット』を中心にFPS/シムなどミリタリーを主軸に据えた作品が好みだが、『R-TYPE』シリーズや『トリガーハート エグゼリカ』などのSTGも好き。近年ではこれまで遊べてなかった話題作(クラシックタイトルを含む)に取り組んでいる。ゲーム以外では模型作り(ガンプラやスケモ等を問わない)を趣味の一つとしている。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム機 アクセスランキング

  1. 「メガドライブミニ2」北米向けバージョン「SEGA Genesis Mini 2」日本向け追加販売決定!Amazonにて数量限定で予約受付中

    「メガドライブミニ2」北米向けバージョン「SEGA Genesis Mini 2」日本向け追加販売決定!Amazonにて数量限定で予約受付中

  2. リアルすぎて見分けがつかない!?『The Callisto Protocol』ゲームモデルと実写の比較画像が凄い

    リアルすぎて見分けがつかない!?『The Callisto Protocol』ゲームモデルと実写の比較画像が凄い

  3. 仮想トリガー+専用ギアで極上のスマホゲーミングを体感。「ROG Phone 6」で『Apex Legends Mobile』を徹底プレイ

    仮想トリガー+専用ギアで極上のスマホゲーミングを体感。「ROG Phone 6」で『Apex Legends Mobile』を徹底プレイ

  4. 北米版「メガドラミニ2」こと「Genesis Mini 2」追加予約が開始!独特のデザインに惹かれるコレクターにもおすすめ

  5. ゲーミングマウス「G502 X」シリーズが11月24日より発売―ロジクールの人気マウスが高速化&新スイッチを搭載してパワーアップ

  6. 「PS VR2」VR非対応ゲームを仮想空間の巨大画面で遊べる!VRで遊ぶ自分の姿を配信する等新機能や新仕様が紹介

  7. 【新製品プレビュー】ソニーの新ゲーミングモニター「INZONE M3」の使用感をチェック。eスポーツに特化した機能を引っ提げ、12月発売へ

  8. 傑作VRゲー『Half-Life: Alyx』に新キャンペーンを追加する大型Mod「LEVITATION」配信日決定!

  9. Steam Deckに早くもユーザーからの要望集まる―「トラックパッドでの直感的なタイピング」機能に多くの支持

  10. もはや実写! Unityによるリアルタイムのシネマティックデモ「Enemies」ティーザー映像

アクセスランキングをもっと見る

page top