【特集】「Rift Rivals」で世界に挑むCeros、Evi、Haretti選手にトリプル取材!―ベトナムで屈辱を晴らせるか 2ページ目 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【特集】「Rift Rivals」で世界に挑むCeros、Evi、Haretti選手にトリプル取材!―ベトナムで屈辱を晴らせるか

『リーグ・オブ・レジェンド』国内公式リーグ夏季シーズン「League of Legends Japan League 2017 Summer Split」が行われている最中。7月3日(月)から、地域競技である新イベント“Rift Rivals”が世界各地で開催予定。

ゲーム文化 e-Sports
【特集】「Rift Rivals」で世界に挑むCeros、Evi、Haretti選手にトリプル取材!―ベトナムで屈辱を晴らせるか
  • 【特集】「Rift Rivals」で世界に挑むCeros、Evi、Haretti選手にトリプル取材!―ベトナムで屈辱を晴らせるか
  • 【特集】「Rift Rivals」で世界に挑むCeros、Evi、Haretti選手にトリプル取材!―ベトナムで屈辱を晴らせるか
  • 【特集】「Rift Rivals」で世界に挑むCeros、Evi、Haretti選手にトリプル取材!―ベトナムで屈辱を晴らせるか
  • 【特集】「Rift Rivals」で世界に挑むCeros、Evi、Haretti選手にトリプル取材!―ベトナムで屈辱を晴らせるか
  • 【特集】「Rift Rivals」で世界に挑むCeros、Evi、Haretti選手にトリプル取材!―ベトナムで屈辱を晴らせるか
  • 【特集】「Rift Rivals」で世界に挑むCeros、Evi、Haretti選手にトリプル取材!―ベトナムで屈辱を晴らせるか
  • 【特集】「Rift Rivals」で世界に挑むCeros、Evi、Haretti選手にトリプル取材!―ベトナムで屈辱を晴らせるか
  • 【特集】「Rift Rivals」で世界に挑むCeros、Evi、Haretti選手にトリプル取材!―ベトナムで屈辱を晴らせるか
◆LJLを代表する3選手に気になる質問をぶつけてみた

■Evi選手に対しての質問

――前回のDire Wolvesとの対戦について。強く記憶に残っていることはありますか?

Evi選手: 前回のMid-Season Invitational(MSI)では、RPG全体として準備不足やメタへの理解度が追いついていなかったのですが、今回はその点もかなり改善されつつあるので、僕達の成長を見せる機会になるかなと思っています。

――代表としてタム・ケンチなどのタンクを使う印象がありましたが、今シーズンはクレッドやケネン、ジャーヴァンIVなどのタンク以外のピックも増えています。やはり現在はタンクはあまりメタではないのでしょうか。

Evi選手: タンクチャンピオンが弱くなってしまったので、メタのチャンピオンを練習しましたね。

――やはり今は、タンクチャンピオンは不遇の時代なんでしょうか?

Evi選手: そうですね。メインアイテムであるサンファイア・ケープが弱体化されてしまったのと、ADCチャンピオンのアイテムが強化されたこともあって、相対的に弱くなってしまいましたね。あとはレーンを勝つことによって、リフトヘラルドを取れることも大きいですね。

■Ceros選手に対しての質問

――最近はハイマーをよく使っているとのことでしたが、プロシーンで使える場面はあるでしょうか?それともやはりソロキュー向けのチャンプでしょうか?

Ceros選手: 可能性はゼロじゃないですね。ソロキュー用というわけではないのですが、練習試合でまだ使ってはいないので……。

――もしかしたらあるかもしれない、ということですね。

Ceros選手: そうですね。本当にもしかしたらあるかもしれないくらいです。

――ジリアンで一躍有名になった“セロスメタ”ですが、今回も驚かせるようなビルドは考えていますか?

Ceros選手: 無いですね(笑)。

■Haretti選手に対しての質問

――ADCとサポートの関係性について伺わせていただきます。USGのEnty選手とは、どのようなコミュニケーションを取っていますか。

Haretti選手: Enty選手は元気が良い印象があるとは思うんですが、2人だと結構冷静にやってくれてますね。いろいろと解説したりなどをしています。

――“愛の狩人ヴァルス”を愛用しているようですが、このスキンを気に入っている理由はどこにあるのですか。

Haretti選手: ある記事がネットで公開されてから、ヴァルスをピックするときは“愛の狩人ヴァルス”スキンを使うようにしています(笑)。今後もヴァルスを使用することがあれば、あのスキンになると思いますよ(笑)。

◆LJLの課題――そして、Rift Rivalsへの意気込み

――日本の『LoL』シーンやe-Sportsシーンをさらに盛り上げていくために必要だと思うことについてお聞かせください。

Ceros選手: 選手としては、「国際大会で勝つこと」だと思っています。勝つことによって話題を作っていくことが1番……というよりも選手の盛り上げ方はそれしか無いと考えています。今回の“Rift Rivals”もそうですし、日本のチームが国際大会で勝利して話題を作ることが、選手としての使命だと思っています。

Evi選手: 日本のLoLシーンを盛り上げるためにまず必要だと思っているのは人口です。OP.GGによるとブラジルのランク人口が100万に対して、日本のランク人口は9万人程度。10倍以上の差があります。プレイ人口はもちろんプロの強さにも繋がりますから、日本のライアットゲームズの皆さんにはプレイ人口の増加につながる施策に力を入れていただきたいです。

Haretti選手: Evi選手と同じで、ライアットゲームズの皆さんに頑張ってもらって人口が増えたら良いなと。選手としてはLJLで戦うことによって、プレイヤーの皆さんへ『LoL』へのモチベーションを与えることが出来たら良いなと考えています。

――Rift Rivalsに向けての意気込み、ファンにメッセージをお願いします。

Haretti選手: USGとして世界に挑むのは初なので、チームの皆も“Rift Rivals”を楽しみにしています。初の世界戦ですが、全力でいつも通りのプレイを皆さんにお届けしたいと思っています!

Ceros選手: 今回の“Rift Rivals”は対象地域の規模が小さいですが、優勝する確率が今までに比べて非常に高いと思っています。なので、勝ちを取りに行くために日本のチーム同士で協力して、努力していくので応援をよろしくお願いします!

Evi選手: MSIで得た改善点をどれだけ修正出来たか、それを“Rift Rivals”で見せたいなと思っています。どうなるかはまだまだ分かりませんが、頑張っていくので応援をよろしくお願いします!

――皆さん、今日はありがとうございました。Rift Rivalsでの試合を楽しみにしています。


※文中の誤字を訂正しました。コメントでのご指摘ありがとうございます。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. SIEのPS4プロモ「夢の中へ」アニメMVに剽窃疑惑が浮上―映像は削除済、公式は事実確認中

    SIEのPS4プロモ「夢の中へ」アニメMVに剽窃疑惑が浮上―映像は削除済、公式は事実確認中

  2. 『アーマード・コア』ファン、フロムスタッフのTwitter画像に新作想起するも……「特に意図はありません」

    『アーマード・コア』ファン、フロムスタッフのTwitter画像に新作想起するも……「特に意図はありません」

  3. 空中都市で謎の少女を娘として育てる『Ciel Fledge』の配信日が決定! チュートリアル映像も公開

    空中都市で謎の少女を娘として育てる『Ciel Fledge』の配信日が決定! チュートリアル映像も公開

  4. TSUKUMO、神奈川県横須賀市の高校へゲーミングデスクトップを貸出開始―同市のプロジェクトに賛同し

  5. 武装車両でゾンビを撃ちまくる『Zombie Driver』が10周年! 24時間限定の無料配布も実施

  6. 『マインクラフト』バチカン公式サーバー、早くも苛烈な攻撃に遭うも……実は想定内―攻撃者はBAN

  7. 『WoW』元トッププレイヤーが精神科医の配信者とTwitchで対談、涙を流して悩みを打ち明ける

  8. 『CoD:MW』「MARA」役のAlex Zedraさんが自分自身に囲まれ大爆笑

  9. 『SEKIRO』全ゲーム内楽曲&一部会話劇を収録した「初回生産限定オリジナルサウンドトラック」発売決定!

  10. 『DEATH STRANDING』あるあるをコミカルに描くファンメイドアニメ「DED STRANDING」公開!

アクセスランキングをもっと見る

1
page top