げむすぱライターが選ぶ「Steamセールのマストバイ」―『ファイヤープロレスリング ワールド』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

げむすぱライターが選ぶ「Steamセールのマストバイ」―『ファイヤープロレスリング ワールド』

Game*Sparkライターと編集部が独断で選ぶ、「Steamセールのマストバイ」。第4弾となる本記事では、スパイク・チュンソフトの遂に復活したプロレスゲームの金字塔、『ファイヤープロレスリング ワールド』をご紹介します。

PC Windows
げむすぱライターが選ぶ「Steamセールのマストバイ」―『ファイヤープロレスリング ワールド』
  • げむすぱライターが選ぶ「Steamセールのマストバイ」―『ファイヤープロレスリング ワールド』
  • げむすぱライターが選ぶ「Steamセールのマストバイ」―『ファイヤープロレスリング ワールド』
  • げむすぱライターが選ぶ「Steamセールのマストバイ」―『ファイヤープロレスリング ワールド』
  • げむすぱライターが選ぶ「Steamセールのマストバイ」―『ファイヤープロレスリング ワールド』
  • げむすぱライターが選ぶ「Steamセールのマストバイ」―『ファイヤープロレスリング ワールド』
  • げむすぱライターが選ぶ「Steamセールのマストバイ」―『ファイヤープロレスリング ワールド』
  • げむすぱライターが選ぶ「Steamセールのマストバイ」―『ファイヤープロレスリング ワールド』

Game*Sparkライターと編集部が独断で選ぶ、「Steamセールのマストバイ」。第4弾となる本記事では、スパイク・チュンソフトの遂に復活したプロレスゲームの金字塔、『ファイヤープロレスリング ワールド』をご紹介します。

同シリーズは、PCエンジン時代から30年近い歴史を誇る、2Dのプロレスゲーム。かつては純粋なプロレスのみを扱っていたものの、シリーズを経ていくにつれ、同じシステム上に総合格闘技や女子プロなどもある程度内包する、包括的なプロレス全般ゲームといった趣になっています。

そのシステムとして特徴的なのは、敵とプレイヤーが重なり合うと、組み合うモーションに入り、その後タイミングを合わせて方向キーとボタンを押す勝負に勝ったほうが(基本的には)技をかけていくという流れ。プロレスで重要な技の“受け”をうまく表現した形となっています。また、特に試合中は画面UIの大半が排除されており、複雑なシステムもないため、感覚のみでプレイすることが可能となっており、非常に敷居の低いタイトルです。

美少女レスラーエディットの一例。邪道と仰られる方もいるかも知れませんが、それはそれ、これはこれ

更に、シリーズ途中から導入されたエディットモードは、様々なレスラーの制作が可能となっており、リアルの再現だけでなく、プレイヤーの「オリジナルレスラー」の作成や、CPU操作時の行動パターンの調整といった要素が非常に楽しく、試合部分よりハマってしまった、というユーザーも少なくないでしょう。

美少女アニメ系は、『ファイプロ』においては、致しかたないとは言え、顔パーツの不足が難。もっと顔パーツが増える事も願いたい所です

なお、後年のシリーズでは、『ファイプロ』自体の流れを反映してか、お遊び的なパーツとして動物キャラや、いわゆる萌えアニメ的な美少女レスラー用のパーツも収録。「ほら、だってプロレスって男臭いし……」という方でもそれなりに楽しめるようになっています。

同シリーズはPS2にて2005年にリリースされた『ファイプロ・リターンズ』から長らく、番外編的なタイトルを除いて展開が止まっていましたが、2017年にSteam早期アクセスの形で、『ファイヤープロレスリング ワールド』として復活しました。

本作の挙動の多くは『ファイプロ・リターンズ』に近しい物となっており、一見すると高解像度化された『ファイプロ・リターンズ』のPC移植と感じるユーザーもいるかも知れません。しかしながら、今作では試合・エディット共に着実なブラッシュアップがなされており、いわゆるシミュレーター系タイトルの“新バージョン”として見るならば、現代のゲーム環境に対応したことも含めて十分な完成度となっています。

ワークショップにはどこかで見たような、レスラー以外の方々を作ったデータも

既存のユーザーはまさしく“伝統の『ファイプロ』が帰って来た”という気分が味わえることでしょう。それは同時に、新規のユーザーも、分かりやすい昔ながらの対戦ゲームとして本作を楽しめることを示しています。今作は勿論オンラインプレイにも対応しています。

ワークショップを用いれば、様々な対決を楽しむことができる。なお、画面右はチャリティーではあるものの『ファイプロ』本家初実名、公式登場となった高山善廣選手

また、Steamワークショップにも対応した本作は、世界中の人々の制作した多くのレスラーをダウンロードすることも可能。その他にもリングや入場曲など、PCならではな、外部ファイルを用いたエディット要素が増えているのも魅力です。

サンプルレスラーの例。一体誰なのでしょうか。『ファイプロ』の新たな謎なのかも知れません

逆に本作では、デフォルトのレスラーは、実在の人物のいわゆる“そっくりさん”であった過去作と異なり、バックボーンも何もない、どちらかと言えば「サンプルキャラクター」といった趣なので魅力が薄くなってしまっています。

本作の難点を上げるならば、ゲームの目標部分や大きなプレイスルーの欠如。現時点では特にゲーム上での演出もない、フリーバトルや、リーグ戦・トーナメントといった部分が主になっており、そのストイックすぎるとも言える作りは物語性やゲーム内でのシミュレーション要素を求めるユーザーには不満となるでしょう。

ミッションモード。評価Sを取る必然性はないものの、ただクリアするだけでも結構な労力に

また、プレイバリューを出そうと考案されたであろう“ミッションモード”については、前述したデフォルトのレスラーを使用することを強制されるため、運要素の強いミッション内容や、操作レスラーの魅力の欠如と相まって厳しいものとなってしまっています。しかしながら、それら難点は基本的にはゲームの魅力とは離れた部分にあるのは救いではないでしょうか。

また、デフォルトのレスラーの魅力、ゲームの目標部分や大きなプレイスルーの欠如、いずれも2018年にはDLCながら、「団体運営シミュレーションモード」、「新日本プロレスとのコラボ・新日ストーリーモードの実装」という形でカバーされることが明らかになっています。

自作のエディットレスラーをいずれのDLCでも活躍させようと思うならば、その作成には時間もそれなりに掛かってしまうため、少しでも本作に興味があるなら、それらに備えてセール中に『ファイヤープロレスリング ワールド』を購入するのは悪い選択ではないことでしょう。

『ファイヤープロレスリング ワールド』は、Steamにて3240円で発売中。Steamウィンターセール期間中は1,447円で購入可能です。なお、2018年夏にはPS4での発売も予定されています。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. Co-opシューター『World War Z』遂に発売!4人協力で大量のゾンビから生き残れ【UPDATE】

    Co-opシューター『World War Z』遂に発売!4人協力で大量のゾンビから生き残れ【UPDATE】

  2. 『World War Z』Epic Gamesストア版が価格改定―予約済プレイヤーには還元も

    『World War Z』Epic Gamesストア版が価格改定―予約済プレイヤーには還元も

  3. レトロ風オープンワールドRPG『Knights of Tartarus』正式版がSteam配信開始

    レトロ風オープンワールドRPG『Knights of Tartarus』正式版がSteam配信開始

  4. ボス戦特化の非対称対戦ACT『BOSSGARD』早期アクセス開始―個性豊かなボスとして対戦相手を迎え撃て

  5. 『Arma 3』初のサードパーティ開発DLC「Global Mobilization - Cold War Germany」発表

  6. 2DオープンワールドACT『Forager』PC向けに配信開始!様々なスタイルで世界を拡げろ

  7. ダークなトップダウンシューターRPG『Beyond The Veil』配信―弾幕をくぐり抜けて生き残れ

  8. ルールを動かすパズルゲーム『Baba Is You』発売―ルール、目的、自分自身さえも変化させてクリアを目指す

  9. スマホアプリがPCで遊べる『BlueStacks 4』正式版、配信開始―「より軽く、より速く」を実現!

  10. ゾンビCo-opシューター『World War Z』PC版がEpic Gamesストアに登場―専売となるかは未発表

アクセスランキングをもっと見る

1
page top