サークルRTS『Circle Empires』「プロトタイプは16万人のプレイヤーに遊んでいただきました」【注目インディーミニ問答】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

サークルRTS『Circle Empires』「プロトタイプは16万人のプレイヤーに遊んでいただきました」【注目インディーミニ問答】

気になる新作インディーゲームの開発者にインタビューする本企画。今回は、Luminous開発、PC/Mac向けに8月9日リリースされたサークルRTS『Circle Empires』開発者へのミニインタビューをお届けします。

連載・特集 特集
サークルRTS『Circle Empires』「プロトタイプは16万人のプレイヤーに遊んでいただきました」【注目インディーミニ問答】
  • サークルRTS『Circle Empires』「プロトタイプは16万人のプレイヤーに遊んでいただきました」【注目インディーミニ問答】
  • サークルRTS『Circle Empires』「プロトタイプは16万人のプレイヤーに遊んでいただきました」【注目インディーミニ問答】
  • サークルRTS『Circle Empires』「プロトタイプは16万人のプレイヤーに遊んでいただきました」【注目インディーミニ問答】
  • サークルRTS『Circle Empires』「プロトタイプは16万人のプレイヤーに遊んでいただきました」【注目インディーミニ問答】

気になる新作インディーゲームの開発者にインタビューする本企画。今回は、Luminous開発、PC/Mac向けに8月9日リリースされたサークルRTS『Circle Empires』開発者へのミニインタビューをお届けします。

本作は、サークルで構成された陣地に攻め込み、領土を広げていくリアルタイムストラテジー。シンプルなゲームプレイは、1分で遊び方を習得できるものの、マスターするには膨大な時間を要するということです。日本語にも対応しています。

『Circle Empires』は820円で配信中





――まずは自己紹介をお願いします。

開発者:本作はエストニアの3つのインディースタジオ(Luminous、Playtest Games & Marketing、Interactive Fate)が協力して開発を行いました。

このプロジェクトはMihkel率いるLuminousがまず始め、主導しました。Mihkelは伝統的な絵画と経営学のバックグラウンドを持つ、LuminousのCEOでありキーデベロッパーです。本作は彼にとって初のPC向け商業タイトルですが、ゲームのプロトタイプの開発とデザインは15年以上行なってきています。

2016年に発表したデモが成功すると、Edvinが率いるPlaytest Games and Marketingが、ベテランのプロデューサー&ゲームデザイナーとしてこのプロジェクトに招待されました。Edvinはエストニアで最も有名なPCゲームデザイナーの一人で、(Test3 Projectsと開発した)『Teleglitch: Die More Edition』や、タルトゥ大学でゲームデザインを教えていたことで知られています。

Edvinはまた、Interactive Fateのチームリーダーでした。Interactive Fateはデモで使用されたグラフィックを一から作り直すこととなったため、ユニットのスタイルやコンセプトアートはEdvinが担当、最終的なグラフィックはInteractive FateのアーティストであるLevarとTaaviが担当しています。

――本作の開発はいつどのようにして始まったのでしょうか?

開発者:本作の開発は2015年末、メインとなるコンセプトをスケッチしたところから始まり、すぐにUnityで実際に遊べるプロトタイプを作りました。このプロトタイプをGame Joltで発表し、以来、私たちは数年にわたりプレイヤーの皆さんからのフィードバックを基に、システムを一から作り直したのです。

――本作の特徴を教えてください。

開発者:『Circle Empires』ではその名の通り、サークルの世界を占領していきます。それぞれのサークルには異なる戦利品あり、異なる敵がいます。敷居はとても低く、上級プレイヤーも楽しめる様々な難易度のレベルが用意されていますよ。18の異なるリーダーから一人を選び、それぞれ異なるスタートボーナスを持っており、リクルートできるユニットのタイプも異なります。本作のプロトタイプは16万人のプレイヤーに遊んでいただきました。

――本作が影響を受けた作品はありますか?

開発者:主に『Starcraft』、『Age of Empires』、『ヒーローズ・オブ・マイト・アンド・マジック』シリーズから影響を受けています。

――最後に日本の読者にメッセージをお願いします。

開発者:本作を遊んで、楽しんでいただけると嬉しいです。もしご意見がありましたら、ぜひフィードバックをお送りください。『Circle Empires』がこの世界を少しだけ小さくするのに役立てば幸いです!

――ありがとうございました。


《SEKI》

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

1
page top