ラバーリング“バズーカ”アクション!『海腹川背BaZooKa!』こんどの川背は対戦が熱い!【爆速プレイレポ】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ラバーリング“バズーカ”アクション!『海腹川背BaZooKa!』こんどの川背は対戦が熱い!【爆速プレイレポ】

2020年5月28日にスタジオ最前線/SUCCESSよりSteamでリリースされた『海腹川背BaZooKa!』のプレイレポをお届け。

連載・特集 プレイレポート
ラバーリング
  • ラバーリング
  • ラバーリング
  • ラバーリング
  • ラバーリング
  • ラバーリング
  • ラバーリング
  • ラバーリング
  • ラバーリング

最新ゲームが毎日大量にリリースされる昨今。メーカーやストアのゲーム紹介だけでは「どんなゲームかわからない!」とお嘆きのGame*Spark読者も多いのではないでしょうか。そこで“なるべく早く”ゲームの生の内容をお届けするのが本企画「爆速プレイレポ」となります。

今回は2020年5月28日にスタジオ最前線/SUCCESSよりニンテンドースイッチ、PS4/PC向けにリリースされた『海腹川背BaZooKa!』について生の内容をお届けしたいと思います。



『海腹川背BaZooKa!』とは



本作は、ゴムのようにしなるロープを操る「ラバーリングアクション」が特徴的な『海腹川背』シリーズの最新作です。今作は過去のシリーズとは異なり、固定画面で進行するアクションゲームとなっています。

さらに新たなアクションとしてバズーカが追加され、敵を砲弾としてふっとばす攻撃が使えるように。一人で、またはフレンドと一緒に全40ステージをクリアする「チャレンジモード」や、最大4人で行える「バトルモード」などをプレイできます。

『海腹川背BaZooKa!』の実内容に迫る!



まずは「チャレンジモード」をひとりでプレイしてみます。今回はXbox Oneコントローラを使用。


Aボタンでジャンプ。2回押すと空中でジャンプします。空中ジャンプは足元に攻撃判定が発生し、一瞬だけ無敵時間も設定されているので回避に使えます。ジャンプは全体的にクセのある挙動をしているので、慣れが必要です。


Xボタンでルアーを投げます。海腹川背といえばコレ、というアクションですね。敵をキャッチしたり壁に当てて移動に使用したりと役割は色々。ルアーは操作モードが「Semi-Auto」なら自動で巻き取られ、「Technical」なら自分で十字キーで巻取りアクションを行います。「Technical」は『海腹川背』シリーズでおなじみの操作モードですが、本作では他にも様々な操作を同時に行わなければいけないので「Semi-Auto」がオススメです。


Yボタン、Bボタンでは各キャラ固有のスキルを使えます。カワセさんは、バズーカ用のどんぐりを生み出すスキルとHP回復用アイテムを出現させるスキルを使用可能。使い勝手のいい構成です。


LBボタンではSPスキルを発動できます。川背さんは「でかどんぐり」を3つ撒き散らします。


RBボタンでキャッチした敵やアイテムを発射します。今作はこのアクションがメインの攻撃方法といえます。


操作に慣れてきたので、ここからはチャレンジモードを「なかまモード」で進めてみます。残念ながらローカルプレイのみなので、Steamの機能「Remote Play Together」などを利用して遊んでみます。


敵を倒すと出現するコインを集めることでステージクリア。



9つのステージをクリアすると最後にボスステージが登場。ルアーをフックし続けると気絶するので、その間にバズーカやスキルで攻撃していきます。

こっちが本命?バトルモード



今作『海腹川背BaZooKa!』ではチャレンジモードの他に「バトルモード」も収録しています。制限時間内に相手のライフを削り切る「バトルロイヤル」、または相手を倒すことで手に入る星を時間内に指定数集める「スターマッチ」からルールを選択可能。バトルを制して1位を目指しましょう。


キャラクターを決めたらステージ選択。ステージは各プレイヤーが選択した候補からランダムで決定されます。


試合が始まったらチャレンジ同様、フィールドに存在する敵やアイテムをバズーカとして砲撃していきましょう。もちろん今回は他のプレイヤーを狙います。


今作は様々なキャラクターがゲストとして登場します。今作の開発を担当しているスタジオ最前線の過去作『どきどきポヤッチオ』から主要キャラのルフィーらに加え、前作『海腹川背Flesh!』でもコラボしていた横スクロールSTG『コットン』から主人公のコットンがオリジナル版とFlesh!版の2パターンで参戦しています。

他にも今作のパブリッシャーであるSUCCESSの『ひつじ村』や『リングドリーム』、『メタルサーガ』からもゲストキャラが参戦。またYouTuberのドズル氏などもゲストキャラとして参戦しています。


キャラクターのスキルによって戦い方が大きく変わります。『リングドリーム』から参戦のソニックキャットはスキルがすべて直接攻撃なので、相手から離れずにスキル連打で一気に相手のHPを削れます。


試合の制限時間を超えるとサドンデスに。サドンデス中は倒すことができない謎の黒い生物(?)が現れ、視界に入ったキャラクターを襲ってきます。遮蔽物などを使ってうまく逃げられればいいのですが、どうしても最後は運の勝負になることも……。



過去作と大きく遊びのスタイルを変えてきた本作。一人でジックリ、という遊びを求めているプレイヤーは「あれ….…?」と思ってしまうかもしれません。しかし「eスポーツになって帰ってきた!」というだけあって、パーティーゲームのようにワイワイと遊びたいプレイヤーには最適な1本といえるでしょう。



タイトル:海腹川背BaZooKa!
対応機種:PC
記事におけるプレイ機種:ニンテンドースイッチPlaystation4PC
発売日:2020年5月28日
記事執筆時の著者プレイ時間:4時間
価格:3,080円/PC版は3,090円

《KADEN》

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top