『フロントミッション』プラモデルレビュー!「ナムスカル」編―マッシブな造型でラフな塗装にも耐えられる | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『フロントミッション』プラモデルレビュー!「ナムスカル」編―マッシブな造型でラフな塗装にも耐えられる

プラモデルレビュー「ストラクチャーアーツ」第1弾最後は「ナムスカル」。

連載・特集 Game*Sparkレビュー
『フロントミッション』プラモデルレビュー!「ナムスカル」編―マッシブな造型でラフな塗装にも耐えられる
  • 『フロントミッション』プラモデルレビュー!「ナムスカル」編―マッシブな造型でラフな塗装にも耐えられる
  • 『フロントミッション』プラモデルレビュー!「ナムスカル」編―マッシブな造型でラフな塗装にも耐えられる
  • 『フロントミッション』プラモデルレビュー!「ナムスカル」編―マッシブな造型でラフな塗装にも耐えられる
  • 『フロントミッション』プラモデルレビュー!「ナムスカル」編―マッシブな造型でラフな塗装にも耐えられる
  • 『フロントミッション』プラモデルレビュー!「ナムスカル」編―マッシブな造型でラフな塗装にも耐えられる
  • 『フロントミッション』プラモデルレビュー!「ナムスカル」編―マッシブな造型でラフな塗装にも耐えられる
  • 『フロントミッション』プラモデルレビュー!「ナムスカル」編―マッシブな造型でラフな塗装にも耐えられる
  • 『フロントミッション』プラモデルレビュー!「ナムスカル」編―マッシブな造型でラフな塗装にも耐えられる

今回のゲーム系プラモデルレビューは、2020年11月にスクウェア・エニックスから発売されたプラスチックモデル組立キットシリーズ「ストラクチャーアーツ」第1弾から「ナムスカル」をピックアップします。

第1弾はドラマティックシミュレーションRPG『フロントミッション』シリーズから、「ゼニス」「ギザ」「ドレーグ」「ナムスカル」のヴァンツァー4体が立体化。スクエニ初のプラモデル展開ということもありディテールや組み立ての容易さ、そして塗装を含めてその内部に迫ります。

しかしながら筆者は『フロントミッション』シリーズへ馴染みが薄いため、武器の組み合わせや細かな部分塗装が抜けていることをご了承下さい。なお、これまで4編に渡ってプラモデルレビューをしているので、他の記事も合わせてお読みください。

「ゼニス」編
「ギザ」編
「ドレーグ」編
・「ナムスカル」編(本ページ)
・全体の比較ページ(写真中心)

第1弾のなかで一番合い問題が少ない「ナムスカル」

「ナムスカル」を構成するランナーは関節を含め8枚で、他のキットと同様にパッケージ裏に作例写真が掲載されており、ランナーはビニールで梱包されています。

組み立て説明書はモノクロ。ランナーには離型剤が残っているため、中性洗剤で洗浄後に組み立てを始めます。武器パーツには、ナックルとロッドがそれぞれ2個づつ。マシンガンと肩武装グレネードランチャーと肩武装ガトリングガンがそれぞれ付属しています。

組み立ての構造はシンプルなはめ込み構造で、関節やハードポイントは「FRONT MISSION Joint」として共通化。組み立ては左右腕→左右脚→本体→腰→背負い物→武器の順です。合わせ目が極力出ないようにパーツには段差モールドを施しており、そのまま組み立てても違和感無いように仕上がっています。

「ナムスカル」もスナップフィットなため接着剤は極力必要ありませんが、他のキットでみられた合いの問題がほとんどなく、大腿部の軸受けパーツも固定方法が異なりそのまま組み立てられます(合い問題が見られたのは、他のと共通の二の腕部のみ)。

他に違うところと言えば、一部脚部パーツははめ込み式で構成されているところ。塗装時に塗料が届きにくい形でもあるので注意が必要です。腕と脚、そして胴体を一通り組み立て、バックパックと頭部の全てを組み合わせたら完成です。

全身を見てみます。基本的には他のキットと同じ構成ですが、脚部の安定感がとても高く、隙間もほとんど見えません。胴体と脚部が水平に角張っていて「ドレーグ」とは違う角張った印象を与えます。

付属武器も2本のロッドなど、「ナムスカル」のマッシブさを生かせるような構成であることや、パーツの合い問題があまりみられなかったも好印象です。次ページでは「ギザ」に続いて、「ナムスカル」の筆塗りに挑戦してみました。


《G.Suzuki》

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top