狂気ホラー『Year Of The Ladybug』中止声明全文―「素晴らしい旅だった」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

狂気ホラー『Year Of The Ladybug』中止声明全文―「素晴らしい旅だった」

開発元Mint Mentis StudiosのアートディレクターであるDave Kang氏による、Facebook/Twitter上の声明全文をご紹介します。

Game*Spark オリジナル
狂気ホラー『Year Of The Ladybug』中止声明全文―「素晴らしい旅だった」
  • 狂気ホラー『Year Of The Ladybug』中止声明全文―「素晴らしい旅だった」
2017年1月19日、突如としてSNS上で開発中止が発表された、狂気のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』。すでに速報のニュースでもお伝えしていますが、開発元Mint Mentis StudiosのアートディレクターであるDave Kang氏による、Facebook/Twitter上の声明全文をご紹介します。

    コンセプトのみからゲームを作ろうとするのは途方もなく勇敢なことで、私はアーティストとしての人生に悔いを残さないよう、ばかげた行動を取る必要がありました。それは素晴らしい旅であり、Year Of The Ladybugが様々なコミュニティーから受けた支持には、どんなに感謝しても足りないほどです。記事や何千というファンからのラブレターがあったのに、私はゲームを作るという開発者の意志をとらえることに失敗しました。自分自身を責めるばかりです。私はこれからもアーティストとしての旅を続け、美しくて恐ろしい作品を手がけます。もし、Year Of The Ladybug以外にも興味があったら、私の公式サイトInstagramをフォローしてください。

文面には、実際にゲームを完成させるという意志を持続させられなかった、という旨の発言もありますが、明確な中止の理由は説明されていません。

Kang氏は、昨年公開したトレイラーの中で、「一緒にゲームを開発してくれる会社を見つけたい」「すぐにでもデベロッパーが見つかり、Year Of The Ladybugが完成し、多くの人に楽しんでプレイしてもらえることを望んでいる」「ホラーゲーム業界に新しい風を起こしたい」などと伝えていました。

本作に期待していたゲーマーとしては、このまま消えてしまうのではなく、出資者やデベロッパーが見つかるなどして、プロジェクトが再開することを願うしかありません。

なお、Kang氏は自身のTwitter上で、「落ち込んでいるわけでも何でもない。ただ閉じる必要があったんだ」とコメントしています。
《Rio Tani》

編集部おすすめの記事

特集

Game*Spark アクセスランキング

  1. 【特集】『Steamで遊べる名作アドベンチャーゲーム』10選―絶対にプレイすべき傑作集

    【特集】『Steamで遊べる名作アドベンチャーゲーム』10選―絶対にプレイすべき傑作集

  2. PS5、Amazonにて予約開始!─通常版が49,980円、デジタルエディションは39,980円

    PS5、Amazonにて予約開始!─通常版が49,980円、デジタルエディションは39,980円

  3. 【PR】『Steamのオープンワールドサバイバルゲーム』 7選

    【PR】『Steamのオープンワールドサバイバルゲーム』 7選

  4. トップランカーが教える!異色なのに質実剛健なバトロワTPS『Cuisine Royale』のチャームポイント

  5. 【特集】『エースコンバット』歴代シリーズ解説―最新作『7』との関係は?(11/7更新)

  6. 暑いからタイ産ホラー『Home Sweet Home』の恐怖で涼んでみた―デモ版プレイレポ

  7. 【2019/2/15更新】目指せダイア!『レインボーシックス シージ』初心者脱出ガイド

  8. 「GeForce RTX 3080」搭載PCやグラフィックカードが続々発売!MSIのカードはAmazonでの販売もスタート

  9. Lenovo for those who do...「ideapad L340 ゲーミング」は“ゲームを遊ぶ社会人”のためのノートPCに違いない

  10. 『バランワンダーワールド』予約開始─『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』や『ナイツ』のスタッフが贈る新作アクション

アクセスランキングをもっと見る

page top