殺人ミステリーADV『Rainswept』「インディーゲーム業界が成熟してきたこともあり、自分でもやってみようと思った」【注目インディーミニ問答】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

殺人ミステリーADV『Rainswept』「インディーゲーム業界が成熟してきたこともあり、自分でもやってみようと思った」【注目インディーミニ問答】

気になる新作インディーゲームの開発者にインタビューする本企画。今回は、Frostwood Interactive開発、PC/Mac向けに2月2日リリースされた殺人ミステリーアドベンチャー『Rainswept』開発者へのミニインタビューをお届けします。

連載・特集 特集
殺人ミステリーADV『Rainswept』「インディーゲーム業界が成熟してきたこともあり、自分でもやってみようと思った」【注目インディーミニ問答】
  • 殺人ミステリーADV『Rainswept』「インディーゲーム業界が成熟してきたこともあり、自分でもやってみようと思った」【注目インディーミニ問答】
  • 殺人ミステリーADV『Rainswept』「インディーゲーム業界が成熟してきたこともあり、自分でもやってみようと思った」【注目インディーミニ問答】
  • 殺人ミステリーADV『Rainswept』「インディーゲーム業界が成熟してきたこともあり、自分でもやってみようと思った」【注目インディーミニ問答】
  • 殺人ミステリーADV『Rainswept』「インディーゲーム業界が成熟してきたこともあり、自分でもやってみようと思った」【注目インディーミニ問答】
  • 殺人ミステリーADV『Rainswept』「インディーゲーム業界が成熟してきたこともあり、自分でもやってみようと思った」【注目インディーミニ問答】

気になる新作インディーゲームの開発者にインタビューする本企画。今回は、Frostwood Interactive開発、PC/Mac向けに2月2日リリースされた殺人ミステリーアドベンチャー『Rainswept』開発者へのミニインタビューをお届けします。

本作は、愛や関係性、トラウマをテーマとした殺人ミステリーアドベンチャー。刑事Michael Stoneが小さな町Pineviewに赴き、地元警察と協力しながら殺人事件の謎を解くこととなります。独特なストーリーと雰囲気、グラフィックが特徴。記事執筆時点では日本語未対応です。

『Rainswept』は1,220円で配信中





――まずは自己紹介をお願いします。

Armaan『Rainswept』を一人で開発しましたArmaanです!ゲーム開発を始めるまでは設計士になるために勉強していたのですが、自分にはその情熱がないとすぐに気づきました。それから映画製作に興味を持ったのですが、実際に一本の映画を作った後、これも大して楽しくないと気づいたのです。その一年後、昨今のインディーゲームの台頭と参入障壁が下がったこともあり、私が昔本当にやりたかったこと、ゲーム開発をすることが可能となりました!今はインドのゴア州を拠点としており、本作は私のデビュー作となります。

――本作の開発はいつどのようにして始まったのでしょうか?

Armaan2016年10月、映画を撮り終わった後、自分のキャリアとして次に何をしようか悩んでいたところ、友達にゲームを作ってみたらどうかと提案されました。インディーゲーム業界が成熟してきたこともあり、自分でも実際にやってみようと思ったのです。2017年の1月ごろ、開発に必要なツール(UnityとAdventure Creator)の学習を始め、ストーリーのコンセプトを作り始めました。その後、一年かけてゲームの基礎となる部分を作り、2018年の1月、本作の最初の1時間部分を無料体験版として公開したのです。


――本作の特徴を教えてください。

Armaan本作の特徴はそのストーリー、雰囲気、見せ方だと思います。昔ながらのポイント&クリックや複雑なパズルではなく、ストーリー、キャラクター、雰囲気に比重を置いた2Dウォーキングシミュレーターのような感じになっています。ビジュアルと見せ方という面では、背景に奥深さを持たせており、カットシーンがいわゆるポイント&クリックゲームに見られるようなものとは異なります。

――本作が影響を受けた作品はありますか?

Armaanあります。もちろん、「ツイン・ピークス」(注:米国のミステリードラマ・映画)からの影響は大きいですよ。ゲームですと、『レッドシーズプロファイル』と『HEAVY RAIN 心の軋むとき』が本作の雰囲気に影響を与えました。他にも雰囲気や音楽に大きく影響を与えたものとして、韓国の殺人ミステリー映画「殺人の追憶」があります。刑事ドラマの「刑事ジョン・ルーサー」「ブロードチャーチ~殺意の町~」「ヴェラ ~信念の女警部~」「ハッピー・ヴァレー」も、殺人事件の合間にどのようなことをするのか、アイデアを出すのに役立ちました。

――本作の日本語対応予定はありますか?

Armaanはい、日本語を含む多言語に対応させる計画があります。2019年中には対応予定です。

――最後に日本の読者にメッセージをお願いします。

Armaan本作を楽しんでいただけると嬉しいです!私はずっと日本とその文化に魅了されてきましたので、いつか日本に行くことが私の夢です。それだけでなく、いつか日本を舞台にしたゲームも作ってみたいと思っています。なるべく早くその機会が来るといいですね!

――ありがとうございました。


《SEKI》

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

1
page top