ルートボックス非採用の『CoD:MW』、武器やアタッチメントはゲームプレイを通じて入手可能―公式サイトで詳細明かす | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ルートボックス非採用の『CoD:MW』、武器やアタッチメントはゲームプレイを通じて入手可能―公式サイトで詳細明かす

Activisionは、Infinity Ward手掛けるFPSシリーズ最新作『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア(Call of Duty: Modern Warfare)』について、同作に実装されるゲーム内経済の詳細情報を公開しました。

PC Windows
ルートボックス非採用の『CoD:MW』、武器やアタッチメントはゲームプレイを通じて入手可能―公式サイトで詳細明かす
  • ルートボックス非採用の『CoD:MW』、武器やアタッチメントはゲームプレイを通じて入手可能―公式サイトで詳細明かす

Activisionは、Infinity Ward手掛けるFPSシリーズ最新作『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア(Call of Duty: Modern Warfare)』について、同作に実装されるゲーム内経済の詳細情報を公開しました。

先日、同スタジオのアートディレクターを務めるJoel Emslie氏が「サプライドロップやルートボックスといった仕組みは開発していない」と明かしましたが、今回Activision Games Blog上に公開された情報では、より具体的なゲーム内経済の仕様を確認できます。以下、その抄訳となります(原文はこちらから確認できます)。

  • シーズンパスやマルチプレイヤーマップパックを廃止し、プレイヤー皆が一緒にプレイできるように。
  • ローンチ後の追加マルチプレイヤーマップは全プレイヤーが無料でアクセスできるように。また、全プラットフォーム同時配信も実施。
  • 「ルートボックス」ではなく、「バトルパス」システムを導入。
  • ゲーム内武器やアタッチメントといった、ゲームバランスに直接影響のあるアイテムはゲームプレイでアンロック可能。
  • 新たに導入される「バトルパス」システムでは、入手・購入しようとしているものが分かるように。バトルパスはローンチ後のライブシーズンに合わせて開始予定で、それぞれのシーズンに合わせた「モダン・ウォーフェア」テーマのクールな新コンテンツをアンロックできる。
  • 「バトルパス」システムでは、ゲームのプレイを通じてCODポイントを稼ぐことが出来る。
  • 「バトルパス」には無料ルートとプレミアムルートが存在するが、新しい武器等はゲームをプレイすることで入手可能。武器に搭載する各種アタッチメントも、ベータテスト時と同様にゲームプレイを通じてアンロック可能。
  • 「バトルパス」やゲーム内ストアでは、ゲームバランスに影響を与えない、多彩なコスメティックアイテムを取り扱う予定。
  • 現在は発売日当日のプレイヤー体験を高めることに尽力しているため、「バトルパス」のローンチはゲーム本編のそれよりも遅れる(2019年末を予定)。
  • ゲーム内経済がローンチ後、ライブシーズンを通じてどのように進化していくかについて、プレイヤーの皆さまが疑問を抱いていることは理解している。
  • 我々は、今回公開した概要に基づいた公正な仕組みを提供するために尽力しているし、これからもフィードバックの確認等を通して、目標達成を目指す。

『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア』は、PC/PS4/Xbox Oneを対象に2019年10月25日発売予定。価格等の情報は公式サイトからご確認ください。
《S. Eto》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. 『ELDEN RING』海外公式Xアカウント通し謝罪―DLC発売前には記載あったスタッフ含め海外翻訳者の一部がクレジットから欠落していた件について

    『ELDEN RING』海外公式Xアカウント通し謝罪―DLC発売前には記載あったスタッフ含め海外翻訳者の一部がクレジットから欠落していた件について

  2. 『原神』登場予定の新キャラ描写にゲーム内声優から批判の声─「現実に存在する文化を取り入れるなら、そこにはリスペクトがあるべき」

    『原神』登場予定の新キャラ描写にゲーム内声優から批判の声─「現実に存在する文化を取り入れるなら、そこにはリスペクトがあるべき」

  3. 近世ヨーロッパ舞台のRTS『Renaissance Kingdom Wars』Steamにて早期アクセス“非常に好評”スタート。500以上の地域で戦い、帝国の支配者を目指そう!

    近世ヨーロッパ舞台のRTS『Renaissance Kingdom Wars』Steamにて早期アクセス“非常に好評”スタート。500以上の地域で戦い、帝国の支配者を目指そう!

  4. 『原神』修正された「ヌヴィレット」の高速回転バグ、批判続出でロールバックへ―「登場後のキャラ修正は、どのような意図でもユーザーを傷つけてしまう」

  5. オープンワールド・アクションRPG『S.T.A.R.W.I.E.L.D.』Steamで現地時間8月1日リリース―未知の惑星でバイク!ビール!カニ!ショットガン!あとバナナ!

  6. 『ELDEN RING』DLCで「無限復活するツリーガード」の発見報告相次ぐ―とある手段を踏むことで再出現

  7. 基本プレイ無料ACT『Metal Slug: Awakening』Steam版配信!再集結した「メタスラ」ヒーローたちを操り仲間達と強敵やミッションに挑め

  8. 「闇」にクラスチェンジした姿はクール!『聖剣伝説 VISIONS of MANA』探索や戦闘を盛り上げる“3つの新クラス”が判明

  9. 『オーバーウォッチ 2』新ヒーロー「ジュノ」お披露目! 浮遊感溢れるサポートヒーロー

  10. 高度に再現されたPC-98時代の雰囲気を日本語で!美少女系SFRPG『STARVEIL PROTOCOL A.A.A.』日本語対応を発表

アクセスランキングをもっと見る

page top