『Plague Inc.』デベロッパーが新型コロナウイルス対策機関へ25万ドルを寄付―ウイルス感染を防ぐ新モードの開発も | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Plague Inc.』デベロッパーが新型コロナウイルス対策機関へ25万ドルを寄付―ウイルス感染を防ぐ新モードの開発も

25万ドルはWHOの「COVID-19連帯対応基金」と「CEPI(感染症流行対策イノベーション連合)」へと寄付されます。

ゲーム文化 カルチャー
『Plague Inc.』デベロッパーが新型コロナウイルス対策機関へ25万ドルを寄付―ウイルス感染を防ぐ新モードの開発も
  • 『Plague Inc.』デベロッパーが新型コロナウイルス対策機関へ25万ドルを寄付―ウイルス感染を防ぐ新モードの開発も
  • 『Plague Inc.』デベロッパーが新型コロナウイルス対策機関へ25万ドルを寄付―ウイルス感染を防ぐ新モードの開発も
  • 『Plague Inc.』デベロッパーが新型コロナウイルス対策機関へ25万ドルを寄付―ウイルス感染を防ぐ新モードの開発も
  • 『Plague Inc.』デベロッパーが新型コロナウイルス対策機関へ25万ドルを寄付―ウイルス感染を防ぐ新モードの開発も

Plague Inc.』の開発デベロッパーNdemic Creationsは、新型コロナウイルス対策への支援として25万ドルの寄付を行ったことを発表しています。

本作は、作成した病原菌を世界中に感染させることが目的のシミュレーションゲーム。現在も感染を拡大している新型コロナウイルスの影響を受け、1月には中国で、2月にはアメリカで最も販売されたアプリになるなど話題になりました(現在は中国での販売は中止されています)。

今回の発表は同作の公式サイトで明らかになったもの。投稿では「すべての『Plague Inc.』プレイヤーを代表して」として、WHOが国連財団やスイス事前基金会などと立ち上げた「COVID-19連帯対応基金」と、世界連携でワクチン開発を目指す「CEPI(感染症流行対策イノベーション連合)」へと合計25万ドルを寄付したことを発表しています。

同作の開発者であるJames Vaughan氏は「開発した8年前は現実世界がゲームのような状態になるとは想像していなかった」とコメント。現在ワクチン開発を目指している同機関に対して寄付をしたことに「彼らの重要な仕事を支援できることを誇りに思います」とコメントしています。


また、同作の新しいモードとして「プレイヤーが世界中への感染を防止して世界を救う新モード」を専門機関と協力して開発を進めており、パンデミック機関中に無料で提供することを明らかにしています。
《Mr.Katoh》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 【ネタバレ注意】『ゼルダの伝説 BotW』腕利きのプレイヤー4人による魅せプレイ映像が公開

    【ネタバレ注意】『ゼルダの伝説 BotW』腕利きのプレイヤー4人による魅せプレイ映像が公開

  2. 台湾産の謎解き3Dアドベンチャー『夕生 Halflight』配信開始―恐怖の世界で弟を探す…

    台湾産の謎解き3Dアドベンチャー『夕生 Halflight』配信開始―恐怖の世界で弟を探す…

  3. 英国アカデミー賞ゲーム部門授賞式に合わせてSteamとHumble Bundleでセールが開催―『CONTROL』が33%オフなど

    英国アカデミー賞ゲーム部門授賞式に合わせてSteamとHumble Bundleでセールが開催―『CONTROL』が33%オフなど

  4. Valveは現在『Half-Life: Alyx』のレベルエディタ公開に向けて注力中

  5. 遂に宇宙へ…! 『War Thunder』エイプリルフールイベント「Space Thunder」開催

  6. コミカルに『コール オブ デューティ ウォーゾーン』のプレイスタイルを描くファンメイドアニメが公開

  7. ソニーが新型コロナウイルス対策支援として総額約108億円の支援ファンド設立を発表

  8. 【ネタバレ注意】物理学者もびっくり!?39分で『Half-Life: Alyx』をクリアするスピード記録樹立

  9. 『PUBG』エイプリルフールイベント「ファンタジーバトルロイヤル」が4月1日より開催!

  10. コキリの森で暴れてたらガノンが死んでた―『ゼルダの伝説 時のオカリナ』スピードラン記録がついに7分台に突入

アクセスランキングをもっと見る

page top