『サイバーパンク2077』ナイトシティ再探訪のススメ―サイドジョブに狂気の真髄が残っていた | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『サイバーパンク2077』ナイトシティ再探訪のススメ―サイドジョブに狂気の真髄が残っていた

倫理観グチャグチャだけどナイトシティって奥深いな……

連載・特集 特集
『サイバーパンク2077』ナイトシティ再探訪のススメ―サイドジョブに狂気の真髄が残っていた
  • 『サイバーパンク2077』ナイトシティ再探訪のススメ―サイドジョブに狂気の真髄が残っていた
  • 『サイバーパンク2077』ナイトシティ再探訪のススメ―サイドジョブに狂気の真髄が残っていた
  • 『サイバーパンク2077』ナイトシティ再探訪のススメ―サイドジョブに狂気の真髄が残っていた
  • 『サイバーパンク2077』ナイトシティ再探訪のススメ―サイドジョブに狂気の真髄が残っていた
  • 『サイバーパンク2077』ナイトシティ再探訪のススメ―サイドジョブに狂気の真髄が残っていた
  • 『サイバーパンク2077』ナイトシティ再探訪のススメ―サイドジョブに狂気の真髄が残っていた
  • 『サイバーパンク2077』ナイトシティ再探訪のススメ―サイドジョブに狂気の真髄が残っていた
  • 『サイバーパンク2077』ナイトシティ再探訪のススメ―サイドジョブに狂気の真髄が残っていた

2020年12月に待望のリリースを迎えたものの、主にCS版に大きな問題を抱え、PS4版は現在も続く一時販売取り下げなどの事態となったCD PROJEKT REDのオープンワールドRPG『サイバーパンク2077』。今回は、久しぶりにナイトシティに行ったら楽しかったので、皆さんもどうですか?という記事をお届けします。

まず、私はリリース当初からPC版を遊んでいたため、一定の不具合に遭遇したものの年を跨がずにプレイし続け、メインストーリーをクリアしました。当時はグラボをGeForce RTX 3060 Tiに変更して意気揚々としていたのですが、PCのメモリが圧倒的に足りていなかったこともあり、3時間くらい遊んでいるとfpsが15くらいになってしまっていました。特にナイトシティの中心地とかホントにやばくて、ワカコに会いに行くときは自分の眼を犠牲にしなければいけないくらいです。

お前のPC事情は知らねえよ、という話ですが、それ以来はジュディよろしく少しナイトシティを離れていたんです。しかし先日『Escape from Tarkov』を快適にプレイしたかったためメモリを増設したので良い機会だと思い、ナイトシティを再び訪れてみました。

キアヌ・リーヴスのイースターエッグたくさんありますよね

ナイトシティをまったく遊び尽くせていなかったと気づくV

私がプレイしていたのは去年の12月末くらいまででしたから、当時まで適用されていたのはホットフィックス1.06まで。以降のアップデートおよびホットフィックスでは大量のバグ修正や仕様変更も含まれていたそうですが、適用後の現段階では重大なバグには遭遇していないので、安心しています。ただ、廃棄物の山やゴミが山積しているところに乗るとダメージを食らい続けるのは、正直バグなのか仕様なのかわからないので、バグならぜひ直してくれると嬉しいなーなんて思っています。

とまあ状況確認はここまでにしておいて、本作のメインストーリーはクリアしていたので、久しぶりのナイトシティではサブコンテンツを中心にプレイを進めます。

メインストーリーばかり進めて、ほぼ見ないフリをしていたサブコンテンツですが、特にサイドジョブのバリエーションは驚くほど豊かで驚きました。

1回で終わりでなく、連続してお話が繋がっていくものもありましたし、なによりメインストーリーに負けず劣らずな登場キャラクターの濃さは体験しないともったいないと思うほどです。


これらは作品の世界を拡張するもので、ナイトシティの狂気を感じられるだけでなく、奥深さすら知れるような部分です。今まで拾ってきたチップ(ジャーナル)を読み込んでみたり、ラジオから流れる世界情勢を聞いてみたり(韓国・釜山は人が住めなくなっているらしい)すると、自分はなんでこの世界を楽しめていなかったんだと至極反省です。

すこしネタバレ!サイドジョブで出会ったナイトシティの(狂気な?)世界を紹介

本作では2077年の世界が舞台ですから、空飛ぶ車(と言っていいかわかりませんが)やさまざまな記憶を追体験できるブレインダンス、弾丸が敵めがけて飛んでいくスマート武器、そしてなにより体を改造するサイバーウェアといった未来的アイテムが数多く登場します。

そんなナイトシティでは当然それらだけではなく、もっと多種多様な何かに出会うことができます。以下では、サイドジョブで出会った興味深い存在を3つだけご紹介。ほんの少しだけネタバレもあるので、お気を付けください。

■愛らしくもムカつくスキッピー

サイドジョブで出会えるスキッピーは、簡単に説明すると実際に装備できる「喋る銃」です。弾丸が敵に誘導されるスマートピストルで、非常に強力な性能を持っています。

彼?には2つのモードが搭載されていて、ヘッドショットを狙う「冷酷な殺戮者」モードと、下半身を狙う「子犬を愛する平和主義者」モードが存在。詳しくは伏せますが、選択肢次第で両モードのいずれかになり、Vを助けてくれるようになります。

ただこの銃、手に入れた段階でかなり強いのですが、構えただけなのに誤射することがあり、ステルスにあまり向いていないという特性があります。市街地でもお構いなしに誤射するので面倒ごとに巻き込まれたくない方は、戦闘時のみに装備するようにした方がいいかもしれません。

■他とは違う?自販機のブレンダン

さまざまな用事で訪れることになるであろうH8メガビルディングのすぐ近くに存在する自販機ブレンダン。まるで意思を持ったかのように話し、人の相談はもちろんジョークまで喋ることができます。

ブレンダンについては複数のサイドジョブにまたがって物語が進行しますが、あまり難易度も高くないですし、ちょっとしたどんでん返しもあるので、ナイトシティを感じたい方にはおすすめです。

■これ怒られないのかな…?自らの死をBDにしようとする男

とあるサイドジョブで請け負った復讐の中で出会う男が、ヨシュアという元犯罪者の男です。彼は獄中で宗教に目覚め、なんやかんやで自分の死をBDにしたいという願望を持っているヤバい男で、それをサポートする協力者もいます。

こちらも複数のサイドジョブで物語が展開していくのですが、結末のシーンは専門外のことながら怒られたりしないのだろうか……?と心配になりました。自分がする役回りもなかなかにハードだったのでビビりながらやった記憶があります。

倫理観の無さが垣間見えるナイトシティですが、どこか不思議と引き込まれる魅力を放っていて、ナイトシティから離れられない人の気持ちがよくわかります。筆者はマップの上から順々にプレイしていっていますが、まだまだ終わる気配がありません。

どんなにすごい出会いが残っているのか、今後も楽しみにしながらナイトシティを巡りたいと思います。あとはいくつかの風景を皆様にシェアしてお別れです!

《秋夏》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top