海外プログラマーが『DOOM』風のCAPTCHAテストを制作―ロボットでなければインプを撃て! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外プログラマーが『DOOM』風のCAPTCHAテストを制作―ロボットでなければインプを撃て!

私はロボットではありません、ドゥーム・ガイです。

ゲーム文化 カルチャー
海外プログラマーが『DOOM』風のCAPTCHAテストを制作―ロボットでなければインプを撃て!
  • 海外プログラマーが『DOOM』風のCAPTCHAテストを制作―ロボットでなければインプを撃て!

ぐにゃぐにゃの文字を読まされたり、信号機を選ばされたり、自分が本当に人間なのかを疑わせたり何かと厄介なCAPTCHAテストですが、海外プログラマーMiquel Camps Orteza氏が、初代『DOOM』をテーマにしたCAPTCHAテスト「DOOM Captcha」を制作しました

このテストは画面に現れるインプを時間内に4体撃つだけのシンプルなもの。お馴染みのあの曲も流れ、オールドゲーマーの心をくすぐります。ただ開発期間は数日で、楽しみのために作られた小さなプロジェクトであるため、実用には向かないようです。

注意:どでかい音が出ます

従来のCAPTCHAテストには多くの人がウンザリしていたようで、楽しさを加えた「DOOM Captcha」はプロダクト投稿サイト「Product Hunt」で5月23日の注目プロダクト第1位に選ばれています。Orteza氏は「みんなのおかげで少し自信がついた。これからもクリエイティブな開発者としてキャリアを積んでいきたい」と語っています。

ちなみにOrteza氏は“Amazonで何かを購入する際に10回スクワットしなければならない”という
Google Chrome拡張機能も制作

《RIKUSYO》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『Among Us』開発者は大ヒットにより「燃え尽きた」―突如人気になったインディーゲーム開発者が明かす大きな期待を背負う苦労

    『Among Us』開発者は大ヒットにより「燃え尽きた」―突如人気になったインディーゲーム開発者が明かす大きな期待を背負う苦労

  2. 『マジック・ザ・ギャザリング』の生みの親も参加するデッキ構築型ローグライク『Roguebook』Steam配信開始!

    『マジック・ザ・ギャザリング』の生みの親も参加するデッキ構築型ローグライク『Roguebook』Steam配信開始!

  3. 新要素たっぷりの『Doki Doki Literature Club Plus!』ゲームプレイトレイラー! 音楽プレイヤーも搭載

    新要素たっぷりの『Doki Doki Literature Club Plus!』ゲームプレイトレイラー! 音楽プレイヤーも搭載

  4. もしもロンドンに核兵器が落ちたら?『Fallout 4』大型Mod「Fallout: London」が発表

  5. アーケードゲームを詰め込んだタイトー「EGRETII mini」収録タイトル追加発表―『奇々怪界』『影の伝説』など10ゲーム

  6. E3で最も注目された期待の作品は?「E3 2021 Awards」受賞作品リスト

  7. 『エルシャダイ』の名シーン、実はフリー素材化されていた!使用例として“1番いい使い方”なども紹介

  8. 『Apex Legends』レヴナントトレイラーの「髭剃りシーン」を再現できる6インチアクションフィギュアが予約開始

  9. 街をパトロールして犯罪を取り締まる警察シム『Police Simulator』早期アクセス開始!

  10. カプコン、『バイオハザード4』などで写真を無断使用したとして提訴される―損害賠償請求は1,200万ドル以上に

アクセスランキングをもっと見る

page top