ド定番はこれだ!Steamサマーセール“マスト・バイ”なタイトル&バンドル17選【特集】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ド定番はこれだ!Steamサマーセール“マスト・バイ”なタイトル&バンドル17選【特集】

Steam初心者も、ハードコアゲーマーの皆様も定番タイトルを買ってたっぷり楽しみましょう!

連載・特集 特集
ド定番はこれだ!Steamサマーセール“マスト・バイ”なタイトル&バンドル17選【特集】
  • ド定番はこれだ!Steamサマーセール“マスト・バイ”なタイトル&バンドル17選【特集】
  • ド定番はこれだ!Steamサマーセール“マスト・バイ”なタイトル&バンドル17選【特集】
  • ド定番はこれだ!Steamサマーセール“マスト・バイ”なタイトル&バンドル17選【特集】
  • ド定番はこれだ!Steamサマーセール“マスト・バイ”なタイトル&バンドル17選【特集】
  • ド定番はこれだ!Steamサマーセール“マスト・バイ”なタイトル&バンドル17選【特集】
  • ド定番はこれだ!Steamサマーセール“マスト・バイ”なタイトル&バンドル17選【特集】
  • ド定番はこれだ!Steamサマーセール“マスト・バイ”なタイトル&バンドル17選【特集】
  • ド定番はこれだ!Steamサマーセール“マスト・バイ”なタイトル&バンドル17選【特集】

PCゲーマーの財布を狂わせる夏の風物詩イベント、Steamサマーセール6月25日より開催。今回も数え切れないほどのタイトルがセールになっており、読者の皆様のウィッシュリストもお祭り騒ぎなのではないでしょうか。

本記事では、数あるセール対象商品の中から、「これを買っておけば間違いナシ!」というような定番タイトルやバンドルをご紹介いたします。

Valve Complete Pack」-91% 1,266円

大型セールの定番といえば、Steamを運営するValveが制作したゲームは絶対に外せません。約20本(+4本の基本無料タイトル)のValve発売タイトルが手に入る定番バンドル。Valveの歴史はここから始まった!『Half-Life』シリーズや、シビアな対戦FPS『Counter-Strike』シリーズ、革新的な名作パズル『Portal』シリーズなどこれまでのPCゲーム史を彩ってきた数々の名作がなんと1,266円の破格で手に入っちゃいます。

大型セールが開催される度、SNSなどで「『Portal』が安い!『L4D2』が安い!」と話題になりますが、筆者はせっかくであればこのコンプリートパックの購入をおすすめします。

作品リストは以下の通りです。

  • 『Half-Life』

  • 『Half-Life 1: Source』

  • 『Half-Life Deathmatch: Source』

  • 『Half-Life: Opposing Force』

  • 『Half-Life: Blue Shift』

  • 『Half-Life 2』

  • 『Half-Life 2: Episode One』

  • 『Half-Life 2: Episode Two』

  • 『Half-Life 2: Deathmatch』

  • 『Counter-Strike』

  • 『Counter-Strike: Condition Zero』

  • 『Counter-Strike: Source』

  • 『Counter-Strike: Global Offensive』(基本無料)

  • 『Portal』

  • 『Portal 2』

  • 『Left 4 Dead』

  • 『Left 4 Dead 2』

  • 『Day of Defeat』

  • 『Day of Defeat: Source』

  • 『Team Fortress Classic』

  • 『Team Fortress 2』(基本無料)

  • 『Deathmatch Classic』

  • 『Ricochet』

  • 『Dota 2』(基本無料)

  • 『The Lab』(無料、VR専用)

……正直に言ってしまうと、いくつかのマルチプレイヤータイトルは正常に遊ぶことが難しいものがあるため、買ったとしても仕方ないかもしれません。ですが、どうせ全部買っても1,266円です。積んでもいいので全部このバンドルで買っちゃいましょう!まとめ買いして余らしてしまい、ライブラリに積み上がってしまう……そんな経験も、また大型セールの醍醐味ではないでしょうか。

Garry’s Mod』-50% 490円

「Valve Complete Pack」で『Half-Life 2』など多くのSource Engine製ゲームを手に入れた方にぜひともオススメしたいのがこちらの『Garry’s Mod』。高精度の物理演算機能などを搭載したSource Engineとそのタイトルのアセットを使って、名前の通りModなどを導入して何もかも自由に遊ぶことができます。

Steamの機能である「Steam ワークショップ」を利用すれば(ややグレーなものもありますが)ユーザー作成のキャラクターモデルや鬼ごっこなどのゲームルールをワンクリックで導入して遊べます。

なお、Modなしでも本作自体に多様なツールが付属しており、Source Engineの挙動を試して遊ぶことも可能。『Half-Life』シリーズでとても重要、かつシリアスで不気味なキャラクターだったG-Manも、本作を通してしまえばキャラ崩壊どころではないヤバい表情を見せてくれます。


Half-Life: Alyx』(VR専用)-40% 3,774円

10年以上ぶりの復活となる『Half-Life』はVR専用タイトル。『2』の魅力であった荒涼とした町並みをほぼ全編に渡ってVRで味わうことができ、コンバインやヘッドクラブなどおなじみの敵たちともVRシューター特有の直感的な操作で戦えます。初代と『Half-Life 2』の間に位置するストーリーとなっているため、シリーズ作、もっと言えば『2』の関連作をプレイしておくとストーリーが理解しやすいでしょう(もちろん知らなくても楽しめます)。

本作は、弾薬や装備品といったリソースのマネジメントが必要なサバイバルホラー的な面が強調されたゲームデザインへと変更。過去作でも一部不気味なステージはありましたが、今作はより暗くて雰囲気のある、さらに心細い戦いが楽しめます。また、周りの棚や箱を調べれば調べるほど物資が手に入るためハードコアゲーマーでも最後まで満足できること間違いありません。

あらゆるプレイヤーに対応した多様な操作形態などのアクセシビリティオプションも搭載されているため、面白さと遊びやすさが高品質に共存している傑作タイトルです。VRデバイスを買った、もしくは買う予定であれば手に入れておくのを強くおすすめします。


PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』-50% 1,650円

『フォートナイト』や『Apex Legends』など、未だに大人気しているバトルロイヤルジャンルの礎を築いたのが2017年に登場した本作『PUBG』。早期アクセスとしてリリースされた2017年以降、現在でもマップの追加・改修やアイテムを行うアップデートが続いており、未だSteamプレイヤー数ランキングのトップ5に君臨する化物タイトルです。

広大なステージに降り立ち、武器や装備を現地調達、周りのプレイヤーと最後の一人になるまで殺し合います。銃の反動やプレイヤーの耐久力などのゲームのバランスは、他のバトロワ系と比較するとややリアル系FPSに近いものとなっています。

リアル系FPSに近いバランスである理由には、本作の成り立ちは元々を辿るとミリタリーシム『Arma 2』のModであることがあげられます。本作のデザイナーであるPlayerUnknown氏が最初に手掛けたのは、『Arma2』のModとして登場したサバイバルゲーム『Arma 2: DayZ Mod』のさらにそのModとして生まれた『ARMA 2: DayZ Battle Royale Mod』というものでした。

Game*Sparkでは過去に『PUBG』の成り立ちについて解説した記事を掲載しており、PCゲーム文化の特徴が大きく現れた大変興味深いものとなっていますので、そちらも是非チェックしてみてください。


Rust』DLC Bundle -55% 2,753円

Facepunch Studiosが贈る超ハードコアサバイバルゲーム。ゲームからログオフしている間もプレイヤーキャラクターはそこに居続けるため、過酷な環境の中、ほかのプレイヤーも気にしながらしっかりと守りを固めなければなりません。PC版では表現規制がないため、文字通り裸一貫(モザイク付き)の状態で楽しめます!

本バンドルに付属するDLC「Instruments Pack」「Sunburn Pack」にはそれぞれがらくたで作ったギターやドラムといった楽器で即興バンドを組むことや水着に水鉄砲のバカンス気分で普段のひりついたサバイバル生活を忘れることもできちゃうかも!? このように、『Rust』の世界には似つかわしくないアイテムたちで“味変”することが可能です。

ARK: Survival Evolved』-67% 1,019円

数あるオープンワールドサバイバルクラフトゲームの中でも、本作はみんな大好き「恐竜」を登場させることで他の作品との差別化を図っています。巨大な肉食恐竜と戦闘することはもちろん、捕まえて自分の仲間として手懐けることもできちゃいます。

今回は残念ながらセール対象外ですが、奇妙な異世界バイオームに飛び込める拡張コンテンツ「ARK: Genesis」がプレイできるシーズンパスも販売中であるため、セールで試しに買ってみて気に入ったらこちらに飛び込む……というのもアリではないでしょうか。


Dead by Daylight』-40% 1,188円

1人のキラー(鬼役)とサバイバー(逃げ側)に分かれて対戦する鬼ごっこ系非対称型マルチプレイゲーム。サバイバーは全員で協力して仕掛けを起動させて脱出を図り、キラーはそれを阻止するためにあらゆる手段で妨害します。

本作はあらゆるホラー作品とのコラボも魅力的。「ハロウィン」「ソウ」といった名作ホラー映画からはもちろん、『バイオハザード』や『サイレントヒル』といったホラーゲーム作品まで、さまざまなキャラクターが参戦しているため、ホラー好きにはたまらない夢の作品なのではないでしょうか。


レインボーシックス シージ』-60% 1,056円から

多種多様な特殊ガジェットを持つオペレーターが用意された、タクティカルFPS×ヒーローシューターな5対5の対戦FPS。チームでの協力はもちろん、壁の破壊・補強やガジェットをうまく使いこなすことが勝利の鍵となります。

さまざまな国籍やバックグラウンドを抱えたオペレーターが登場し、日本の特殊部隊・SATからも補強壁に穴をあける「HIBANA」や、浮いて天井に貼り付けるドローンを使う「ECHO」が参戦しています。エディションごとに開放されるオペレーター数が変わってくるので、よく比較して自分のお財布と相談して購入しましょう。

2021年9月16日に発売を予定している『レインボーシックス エクストラクション』は、本作の世界観やキャラクターなどをベースとしています。この機会に本作をプレイしてオペレーターたちについて知っておけば、より楽しめるかもしれませんね。


PAYDAY 2』-90% 99円

わずか99円で始められる銀行強盗!本作はCo-opで他のプレイヤーと協力し、あらゆる強盗ミッションの遂行を目指すFPSです。静かでスマートにこなすステルス作戦でも、豪快にドンパチ撃ち合うアサルト作戦でもクリアできるようになっているため、気分に合わせた作戦で挑めます。

知らないユーザーとプレイするいわゆる「野良マッチ」は低レベルのプレイヤーがキックされやすいという難点がありますが、せっかくのセール価格、フレンドを集めてみんなでレッツ銀行強盗!

さらには、膨大な量の別売りDLCも用意されているため、仲の良いフレンドたちと濃く長く遊べるはずです。


7 Days to Die』-70% 744円

『マインクラフト』のようなクラフト要素があるゾンビサンドボックスサバイバルゲーム。FPS、RPG、サバイバルホラー、タワーディフェンスといったゲームの要素が融合した作品で、7日間目に訪れるゾンビ超凶暴化イベントが緊張感を高めてくれます。

随分と長い間早期アクセス中の作品ではありますが、Steam上のゾンビゲームの定番の1つとなった本作。ゾンビうろつく終末世界でフレンドと一緒にクラフトサバイバル生活してみませんか?


グランド・セフト・オート V』プレミアム・エディション -63% 2,205円

オープンワールドクライムアクション系の金字塔、『GTA』シリーズの現在の最新作。『GTA V』は一癖も二癖もある3人の主人公たちを切り替えてストーリーが進行します。2013年にPS3/Xbox 360向けに登場して以降、PS5/Xbox Series X|Sといった次世代コンソール機版の発売も決定し長く愛され続ける作品です。

本作を購入すればオンラインでミッションやPvPが楽しめる『グランド・セフト・オート オンライン』も無料で付属するため、本編クリア後にこちらでロスサントスでの生活を続けるもよし、最初からオンラインに飛び込むもよしと、1粒で2度美味しい作品でもあります。

バイオハザード 4/5/6』-79% 1,524円

『バイオハザード』シリーズの中でも、よりアクションやシューター面が強調されたシリーズ作品である『4』『5』『6』が一度に楽しめてしまうバンドル。特に『4』は今日のTPSジャンルの基盤を築いた作品の内の1つでもある革新的な作品です。

これらの作品では、シリーズ初期作の事件の中心となった「アンブレラ社」が崩壊した後の世界を舞台としたストーリーが描かれ、『6』では複数人の視点によるシステムを採用しています。

Arma 3』-75% 900円

リアルさや拡張性、自由度がウリのミリタリーサンドボックスFPS。歩兵はもちろんのこと、陸海空さまざまな乗り物に乗ったり、公式が販売する有料拡張コンテンツを購入したりして、遊びの幅をぐんと広げることもできます。

さらに、簡単に導入できるSteamワークショップを通じたModも無数に存在し、本作が秘める可能性は無限大といえます。とにかくさまざまなModを入れてバラエティ豊かなルールやマップを楽しむのも良いですし、扱いやすいエディターも備えているため自分で理想のミリタリーゲームを作っちゃう……なんてことも夢ではありません。


The Witcher Trilogy』-84% 1,411円

CD PROJEKT REDの代表シリーズである『ウィッチャー』シリーズが一度にまとめて楽しめるのがこのバンドル。プレイヤーはモンスタースレイヤー・ゲラルトとなり多岐にわたるスキルや選択肢などによって変化するダークファンタジー世界で繰り広げられる物語を体験します。

会話や選択、戦闘といった様々な要素を体験しながらストーリー重視で濃密なゲームプレイを長時間楽しむことができます。3作合計のプレイ時間はおおよそ100時間を超えるとみられ、1,411円の破格で楽しめちゃうコスパ最強バンドルとなっています。

『The Elder Scrolls V: Skyrim Special Edition』+『Fallout 4 G.O.T.Y.』-71% 2,922円

このバンドルでは、ベセスダ・ソフトワークスが贈る人気RPGシリーズ『TES』『Fallout』の最新作2作品が手に入ります。核戦争後の世界と重厚なファンタジーの世界、正反対と言えるようなテイストで違った味わいが楽しめる大満足のバンドルです。両作品とも本編自体が優れた作品ではありますが、 PCゲームでトップクラスと言っていいほどModが栄えているのも特徴。ゲームプレイを便利にするものからバグを修正するもの、ガラッとゲームを変えてしまうものまで無限に存在します。

『TES』に関しては、まだ発売がいつになるかはわかりませんがシリーズ最新作『The Elder Scrolls VI』の発売も予定されているため、予習的にプレイしておくと良いかもしれません。

Sid Meier’s Civilization VI』-75% 1,750円

歴史の偉人となり、ヘクセル(六角形)マスをベースに文明を発展させる人気ターンベースストラテジーゲーム。「時間が溶ける」「もう1ターンと思ったら日が昇っていた」と中毒性が評判の鉄板タイトルです。

科学を発展させ火星に飛びたつ、宗教を全世界に浸透させる、すべての文明と戦って勝つ、文化力を高め観光客で一番になるなど、複数のクリア条件が用意されているのも特徴。そんな文明を導く指導者にはガンジーやクレオパトラ、ヴィクトリアなど有名な偉人が採用されており、日本からも北条時宗が参戦しています。


Stardew Valley』-40% 888円

仕事に疲れ、祖父が残した大きな農場に逃れてきた主人公が村でのんびりスローライフを過ごす『牧場物語』ライクな人気ゲーム。資源あつめや畑や家の発展を目指したり、洞窟に潜って探検したりと自給自足の生活を送ります。

また、住民と仲を深め、部屋に入れてもらったり、恋人同士になって結婚したりとNPCたちと人間関係を深めることができるのも、本作の大きな魅力です。





数えきれないほどのタイトルが割引されているSteamサマーセール。残念ながらご紹介しきれなかったタイトルが沢山ありますが、Steam沼にこれから飛び込むルーキーは参考にしてみてはいかがでしょうか。


《みお》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top