テンセントが新作オープンワールド武侠アクション『Code: To Jin Yong』発表―金庸武侠小説の世界が舞台 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

テンセントが新作オープンワールド武侠アクション『Code: To Jin Yong』発表―金庸武侠小説の世界が舞台

『PUBG MOBILE』や『Apex Legends Mobile』を手がけたLightspeed StudiosがUnreal Engine 5で開発。

ニュース 発表
テンセントが新作オープンワールド武侠アクション『Code: To Jin Yong』発表―金庸武侠小説の世界が舞台
  • テンセントが新作オープンワールド武侠アクション『Code: To Jin Yong』発表―金庸武侠小説の世界が舞台
  • テンセントが新作オープンワールド武侠アクション『Code: To Jin Yong』発表―金庸武侠小説の世界が舞台
  • テンセントが新作オープンワールド武侠アクション『Code: To Jin Yong』発表―金庸武侠小説の世界が舞台
  • テンセントが新作オープンワールド武侠アクション『Code: To Jin Yong』発表―金庸武侠小説の世界が舞台
  • テンセントが新作オープンワールド武侠アクション『Code: To Jin Yong』発表―金庸武侠小説の世界が舞台
  • テンセントが新作オープンワールド武侠アクション『Code: To Jin Yong』発表―金庸武侠小説の世界が舞台

テンセントは6月27日にオンライン開催したゲームカンファレンス「SPARK 2022」にて、新作オープンワールド武侠アクションゲーム『Code: To Jin Yong』を発表しました。

『PUBG MOBILE』や『Apex Legends Mobile』を手がけたLightspeed Studiosが開発する本作は人気武侠作家の金庸氏が築き上げた世界観をベースとしており(公式ライセンスを取得)、Unreal Engine 5の最先端テクノロジーによる美しい世界と華麗なアクションを体験できるとのこと。公開されたトレイラーでは二人の男が剣を交える迫力のゲームプレイシーンが収められています。

『Code: To Jin Yong』の対象プラットフォームはや発売時期は現時点で未定。世界的なリリースを予定しています。


ALIENWARE 7.1 ゲーミングヘッドセット
¥9,980
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《RIKUSYO》
RIKUSYO

雑多人間 RIKUSYO

某洋ゲーショップの商品データ作るバイトしてたら、いつの間にか海外ゲーム紹介するようになってた。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. (※ネタバレあり)『Stray』重要なヒントを見逃すな!人類の遺した情報から世界の謎に迫れるか【ゲームで英語漬け#103】

    (※ネタバレあり)『Stray』重要なヒントを見逃すな!人類の遺した情報から世界の謎に迫れるか【ゲームで英語漬け#103】

  2. “NFTをサポートしない”宣言に猛反発―『マイクラ』ワールドをNFT化する企業が開発元を批判

    “NFTをサポートしない”宣言に猛反発―『マイクラ』ワールドをNFT化する企業が開発元を批判

  3. 『CoD:ウォーゾーン』スキンが盗作疑惑で削除―オリジナル作者は正式な謝罪と説明を求める

    『CoD:ウォーゾーン』スキンが盗作疑惑で削除―オリジナル作者は正式な謝罪と説明を求める

  4. 大ヒットドラマ「ブレイキング・バッド」のGTA的ゲーム計画は暗礁に乗り上げたまま…“期待しないほうがいい”

  5. 3DSの名作を“お得に買える”最後のチャンス!あの人気作・プレミアソフトが500円や1,000円で―アトラス、バンナム、LEVEL5など各社が展開

  6. カバーを飾るのは大谷翔平! SIE開発『MLB The Show 22』はPS/Xboxに加えてスイッチでも発売

  7. 「ソニーがGame Passへのゲーム配信を妨げている」?―ブラジルでのマイクロソフト主張の真贋は、そして『CoD』は独占にはせず【UPDATE】

  8. 『いっき』『アトランチスの謎』で知られる「SUNSOFT(サンソフト)」が令和に復活!

  9. ケイブが『東方Project』の“新規ゲーム”開発を発表!名作STG『怒首領蜂』などで知られるメーカー

  10. 【期間限定無料】多彩な一皿を素早く調理し提供!料理ACT『Cook, Serve, Delicious! 3?!』Epic Gamesストアで配布開始

アクセスランキングをもっと見る

page top