『サイバーパンク2077』拡張パック「仮初めの自由」は“有料DLC”とPR担当者が発言―ゲーム本編より安い価格になることを示唆 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『サイバーパンク2077』拡張パック「仮初めの自由」は“有料DLC”とPR担当者が発言―ゲーム本編より安い価格になることを示唆

『サイバーパンク2077』本編の販売価格は7,980円。

PC Windows
『サイバーパンク2077』拡張パック「仮初めの自由」は“有料DLC”とPR担当者が発言―ゲーム本編より安い価格になることを示唆
  • 『サイバーパンク2077』拡張パック「仮初めの自由」は“有料DLC”とPR担当者が発言―ゲーム本編より安い価格になることを示唆
  • 『サイバーパンク2077』拡張パック「仮初めの自由」は“有料DLC”とPR担当者が発言―ゲーム本編より安い価格になることを示唆

CD PROJEKT REDでグローバルPRディレクターを務めるラデク・グラボウスキー氏は、開発中の『サイバーパンク2077』拡張パック「仮初めの自由」について有料で販売するコンテンツになるとコメントしました。

グラボウスキー氏からのコメントを受け取った海外メディアGamesRadar+によると、拡張パック「仮初めの自由」の具体的な価格については詳細不明なものの、有料でリリースする予定であるとのこと。またGamesRadar+は、グラボウスキー氏は「我々のリリースする拡張コンテンツはフルプライスゲームよりも安い価格で提供するのが伝統だ」とも述べていたとし、『サイバーパンク2077』本編の販売価格7,980円(税別)よりも安い価格となるのではないかとの見解を示しています。

なお、同じくCD PROJEKT REDが手掛けた『ウィッチャー3 ワイルドハント』の拡張コンテンツである「無情なる心」が1,179円(税別)、「血塗られた美酒」2,300円(税別)で販売されています。現時点で「仮初めの自由」の具体的な価格は明らかになっていませんが、公表された際にはその価格から追加コンテンツの規模を予想できるかもしれません。

『サイバーパンク2077』拡張パック「仮初めの自由」はPC/PS5/Xbox Series X|S向けに2023年発売予定です。


ワールド・オブ・サイバーパンク2077 (G-NOVELS)
¥4,400
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
ホビージャパン サイバーパンクRED ルールブック
¥7,325
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《kamenoko》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. ブラウザ版も人気のローグライクダンジョンRPG『Buriedbornes』Steam版発表―簡単操作でシビアな冒険を乗り越えろ

    ブラウザ版も人気のローグライクダンジョンRPG『Buriedbornes』Steam版発表―簡単操作でシビアな冒険を乗り越えろ

  2. 西部開拓時代オープンワールド『Wild West Dynasty』早期アクセス開始日決定!

    西部開拓時代オープンワールド『Wild West Dynasty』早期アクセス開始日決定!

  3. 『ニーア』シリーズの好調なセールス記録にヨコオタロウ氏「感謝を通り越して畏怖の感情」

    『ニーア』シリーズの好調なセールス記録にヨコオタロウ氏「感謝を通り越して畏怖の感情」

  4. 航海ストラテジーADV『Sailing Era』体験版に日本語追加―荒波に立ち向かい、異国の港を訪れ貿易しよう

  5. 2年目の新規コンテンツ登場!『ファークライ6』拡張「Lost Between Worlds」発表―詳細は30日午前3時お披露目

  6. 『オーバーウォッチ 2』の新ヒーロー「ラマットラ」の開発映像が公開―2形態を切り替えて戦うタンク

  7. 「スポンジ・ボブ」が『The Callisto Protocol』に与えた影響とは!?アートディレクターが語る「ゲーム体験への貪欲さ」

  8. 『シロナガス島への帰還』PC版販売本数10万本突破―発売から2年8カ月で達成

  9. 初心者から熟練者まで簡単に試作できる電子回路シミュ『CRUMB Circuit Simulator』Steamでも配信開始

  10. 『Valheim』続編の可能性を開発者が語る―没案の主人公は灰色ドワーフ

アクセスランキングをもっと見る

page top