海外レビューひとまとめ『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』―アニメの見た目と雰囲気を巧みに再現した素晴らしいグラフィックによって支えられている | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外レビューひとまとめ『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』―アニメの見た目と雰囲気を巧みに再現した素晴らしいグラフィックによって支えられている

PC/PS5/PS4/XSX/Xbox Oneを対象に10月14日発売の『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』のMetacritic海外レビューをお届けします。

連載・特集 海外レビュー
海外レビューひとまとめ『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』―アニメの見た目と雰囲気を巧みに再現した素晴らしいグラフィックによって支えられている
  • 海外レビューひとまとめ『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』―アニメの見た目と雰囲気を巧みに再現した素晴らしいグラフィックによって支えられている
  • 海外レビューひとまとめ『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』―アニメの見た目と雰囲気を巧みに再現した素晴らしいグラフィックによって支えられている
  • 海外レビューひとまとめ『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』―アニメの見た目と雰囲気を巧みに再現した素晴らしいグラフィックによって支えられている
PlayStation Universe: 85/100(PS5)
本作は、プレイしていて飽きが来ない。マップはシンプルで時代遅れかもしれないが、バトル、ビジュアル、声優の演技、そしてストーリーは本作に欠けているものを補って余りあるものだ。「鬼滅の刃」のファンだった人も、そうでなかった人も楽しめる内容となっており、対戦モードはクレジットが終わった後もプレイヤーを飽きさせない。
DualShockers: 85/100(PS4)
Digitally Downloaded: 80/100(PS5)
逆に褒めているように聞こえるかもしれないが、そんなつもりはない。本作はもっとひどいものになっていたかもしれないのだ。ここまで有名になったアニメには、コピペ格ゲー以上のものが期待されていたし、サイバーコネクトツーの開発チームは、かなりの制限があったであろう中でよくやったと思う。原作への敬意は見て取れるし、「鬼滅の刃」がただバトルを繰り返すだけではないという理解もしっかりある。だがゲームシステムは古臭く、これまでにも多くのアニメタイアップで使い古されてきたものだ。しかし何より、禰豆子と一緒に鬼たちと戦えるというのは、アニメ初日から私が楽しみにしていたことであり、サイバーコネクトツーはこれを実現してくれた。
Press Start Australia: 75/100(PS5)
Screen Rant: 70/100(PS5)
IGN: 70/100(PS5)
本作は、奥深さと遊びやすさのバランスがとれた格闘ゲームだが、一貫性のないストーリーモードと少ないキャラクター数が足かせとなっている。
GAMINGbible: 70/100(PS4)
Destructoid: 65/100(PS5)
IGN Italia: 65/100(PS4)
本作は、『NARUTO -ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム4』から一歩も前進していない。サイバーコネクトツーの新作タイトルである本作は、ゲーム内容が乏しく、ストーリーモードも古臭く感じる。それでも、いくつかの細かい調整やひねりのおかげで、バトルシステムは輝いているし、対人戦も当然のように楽しい。しかし残念なことに、キャラクター全員を使った壮大な戦いができるようになるまで、6時間ものキャンペーンに耐えなければならない。
Push Square: 60/100(PS5)
本作は、アニメの見た目と雰囲気を巧みに再現した素晴らしいグラフィックによって支えられている。大迫力のボス戦と見事なカットシーンは、短いストーリーモードを売り込むのに十分だが、それ以外の部分はかなり質素にまとまっている。バトルは派手で楽しいものだが、そのバトルシステムは「鬼滅の刃」の大ファンでない人を夢中にさせるだけの奥深さがない。もし本作がサイバーコネクトツーによる新シリーズの第一歩であるならば、手堅いデビュー作であり、より充実した続編の土台となることは間違いないだろう。

PC/PS5/PS4/XSX/Xbox Oneを対象に10月14日発売の『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』のMetacritic海外レビューをお届けしました。Metacriticでの平均スコアは、PC版が判定不可(総レビュー数0件)、PS5版が71点(総レビュー数16件)、PS4版が72点(総レビュー数7件)、XSX版が判定不可(総レビュー数0件)、Xbox One版が判定不可(総レビュー数0件)をマークしています。

『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』は、マンガ、アニメ、そして映画でも大ヒットした「鬼滅の刃」を原作とした対戦アクション。アニメで描かれた「竈門炭治郎 立志編」から、劇場版「無限列車編」までの軌跡を、ストーリーとアクションで追体験できる「ソロプレイモード“ヒノカミ血風譚”」と、竈門炭治郎をはじめ本編に登場した12名のキャラクターに加え、公式スピンオフ「中高一貫!! キメツ学園物語」の6名も参戦する「バーサスモード“対戦”」が用意されています。メディアレビューでは、アニメを忠実に再現したハイクオリティなビジュアルと、原作では実現できなかったキャラクターたちによる戦いができる点などが高評価。ただ、いわゆる「キャラゲー」という枠を脱することはできていないようで、「システムが古臭い」という声が多くのメディアから上がっています。

『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』は、PC/PS5/PS4/XSX/Xbox Oneを対象に発売中です。

※禰豆子の「禰」は「ネ+爾」が正しい表記となります。


《Chandler》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top