今回は日本語版が登場!古き良き洋ゲー系タイトル『ELEX II』プレビュー版ーポスト・ポストアポカリプスSFファンタジーRPG【プレイレポ】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

今回は日本語版が登場!古き良き洋ゲー系タイトル『ELEX II』プレビュー版ーポスト・ポストアポカリプスSFファンタジーRPG【プレイレポ】

プレビュー版のプレイレポをお届け!

連載・特集 プレイレポート
今回は日本語版が登場!古き良き洋ゲー系タイトル『ELEX II』プレビュー版ーポスト・ポストアポカリプスSFファンタジーRPG【プレイレポ】
  • 今回は日本語版が登場!古き良き洋ゲー系タイトル『ELEX II』プレビュー版ーポスト・ポストアポカリプスSFファンタジーRPG【プレイレポ】
  • 今回は日本語版が登場!古き良き洋ゲー系タイトル『ELEX II』プレビュー版ーポスト・ポストアポカリプスSFファンタジーRPG【プレイレポ】
  • 今回は日本語版が登場!古き良き洋ゲー系タイトル『ELEX II』プレビュー版ーポスト・ポストアポカリプスSFファンタジーRPG【プレイレポ】
  • 今回は日本語版が登場!古き良き洋ゲー系タイトル『ELEX II』プレビュー版ーポスト・ポストアポカリプスSFファンタジーRPG【プレイレポ】
  • 今回は日本語版が登場!古き良き洋ゲー系タイトル『ELEX II』プレビュー版ーポスト・ポストアポカリプスSFファンタジーRPG【プレイレポ】
  • 今回は日本語版が登場!古き良き洋ゲー系タイトル『ELEX II』プレビュー版ーポスト・ポストアポカリプスSFファンタジーRPG【プレイレポ】
  • 今回は日本語版が登場!古き良き洋ゲー系タイトル『ELEX II』プレビュー版ーポスト・ポストアポカリプスSFファンタジーRPG【プレイレポ】
  • 今回は日本語版が登場!古き良き洋ゲー系タイトル『ELEX II』プレビュー版ーポスト・ポストアポカリプスSFファンタジーRPG【プレイレポ】

THQ NordicとPiranha Bytesが送るSFファンタジーRPG『ELEX』の続編『ELEX II(エレックス2)』。今回、Game*Sparkではプレビュー版のプレイレポをお届けしていきます。

『ELEX II』とは

『ELEX II』は隕石の衝突により文明が崩壊した惑星「マガラン」を舞台に、宇宙からの侵略に対抗する物語です。

主人公は過去の英雄

マガランは隕石由来の希少鉱物「エレックス」を巡り5つの勢力が対立しており、過去の戦いで英雄となった主人公「ジャックス」は5つの勢力に協力を呼びかける他、勢力に所属することもできるようです。本作を開発するPiranha Bytesは『Gothic』シリーズや『Risen』を手がけ、その「古き良き洋ゲーRPG」感に根強いファンが多いデベロッパー。期待の新作はどのような出来なのか。それでは、早速プレイしていきましょう!

操作・設定・言語

操作方法はキーボードとコントローラーに対応しており、3人称視点のRPGとしては基本的な操作方法となっています。ただし、コントローラーを使用した場合、PS4用のDUALSHOCK 4を使用してもゲーム内での表記はXboxコントローラーでの表記になっていました。

グラフィック設定も基本的なものは全て揃っていました。現段階では推奨スペックの情報が有りませんが、筆者の環境(CPU;AMD Ryzen 5 3500 6-core RAM;16GB GPU;GTX 1660 super)では画像の設定で快適にプレイ可能でした。

また、Piranha Bytesの過去作は公式の日本語訳が有りませんでしたが、今作では日本語が用意されています。現段階では子供の話し方など若干不自然な翻訳が見受けられるものの、文脈の意味はよく分かりました。訳は発売までの数ヶ月で大きく改善されることが多い要素なので、この点はさらなるブラッシュアップに期待したいところです。(もちろん、今でも十分遊べるレベルです。)

これぞ洋ゲー!主人公は現在別居中の過去の英雄(おっさん)だ!

先述したように、Piranha Bytesは「古き良き洋ゲーRPG」を作り続けてきたデベロッパー。主人公もこてこての洋ゲー感が色濃いです。

こちらが主人公のジャックス。前作で戦争を終わらせた英雄ながら現在は妻子と別居中。この設定も洋ゲーあるあるですね。

本作冒頭では、なんと宇宙からの侵略生物から追われ、怪我に加え感染してしまう羽目に……

不思議な老人、アダムに助けられたジャックスは自身の感染を防ぐため、そして宇宙からの侵略を防ぐため再び英雄になることを決意するのです。

基本的な操作感・RPGシステム

基本的な操作方法は三人称視点のRPGですが、本作の特徴として最初から移動にジェットパックを使用できます。岩や崖に阻まれた高い所はもちろん、高所から飛び降りてショートカットもできるので、他のオープンワールドRPGに比べてとても快適でした。

もちろん、ファストトラベルシステムも。拠点間ごとに移動できる方式です。

戦闘はバッシュ・弱攻撃・強攻撃があり、装備品に応じて様々な攻撃を繰り出せます。また、本作は弓や盾に加えて銃器や魔法もあり、好みに応じた様々なスタイルで戦闘できるようです。

プレイレポで使用した弓は対人戦に有効そうでした。

使用できる武器は筋力や体格といった「属性」(ステータス)に依存しており、強い武器を手に入れても「属性」を上げないと使用できませんでした。「属性」はレベルアップで上げられます。

アビリティはトレーナーから学ぶことで上げられ、戦闘からクラフトまで多種多様なアビリティが存在しました。

ミッションを進めていこう!

ミッションを進める際は「ログ」から。メインミッションだけでも大量に存在し、進めていくとさらに枝分かれしていきました。ストーリーの多さは本作の楽しいポイントになりそうです。

ミッションを選択するとマップにマークが付きます。

ミッションは基本的にNPCと話すことで受注でき、敵を倒すといったアクションをこなすことで進んでいきます。会話選択も多数用意されており、所属勢力の選択に加え、ストーリー展開は多岐に上りそうです。

ポストポストアポカリプス(文明崩壊後長期間経過した世界観)特有の朽ちた高層建築と緑生い茂る風景がイイ感じです。

ついでに実績も解除されました。

ミッションの中には、ギャグテイストなものも。こちらはコンサートを鑑賞するミッション。実際に3分近い楽曲を歌い切りました。

欲張りな世界観!

本作の特徴は魔術あり、ロボットあり、欲張りな世界観に5つの勢力です。例えば、主人公の妻「カジャ」が所属する「バーサーカー」は隕石由来のエレックスを用いて様々な呪文を扱う魔術師集団。

『ELEX II(エレックス2)』紹介トレーラーより

その「バーサーカー」と対立するのは各地で犯罪を続ける「アウトロー

『ELEX II(エレックス2)』紹介トレーラーより

主人公のジャックスがかつて所属していた「アルブ」は高度な技術を保有する軍事組織。その「アルブ」と戦争していたのがエレックスを動力とするロボットを保有する「クレリック」です。

モルコン」は前作には登場しなかった新規派閥で狂信的な宗教組織。といったように、様々な組織が登場するのです。こうした5つの勢力の関係性を上手く操作しつつ、真の敵である宇宙からの侵略に対抗していくことになります。

おわりに。

ストアページに「ヴィンテージ感あふれるオープンワールドRPG」とあるように、キャラクター設定やデザイン、操作など、そこかしこから古き良き洋ゲー感が強く出ている本作ですが、操作感は滑らかですし、難易度選択も幅広く用意されており、想像よりは遥かに取っ付きやすいゲームでした。

本物の「古き良き洋ゲー」の多くは日本語化されていませんが、本作は古き良き洋ゲーの空気感を残しつつ、現代向けにブラッシュアップされており、さらに日本語訳もされています。こてこての洋ゲーRPGが気になるけど、英語でプレイするのはなぁ……と思われている方は是非プレイしてみて欲しい作品です。

『ELEX II』はWindows(Steam)/PS5/PS4/Xbox Series X|S/Xbox Oneを対象に2022年3月1日リリース予定。フィギュアやアートブックなどが付属するコレクターズエディションも発表されています(価格は149.99ドル)。


《大塩》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top