誰でも『Fallout 4』の主人公になれる技術がヤバい―CESのIntelブースで技術デモ披露 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

誰でも『Fallout 4』の主人公になれる技術がヤバい―CESのIntelブースで技術デモ披露

ゲーム機 技術

誰でも『Fallout 4』の主人公になれる技術がヤバい―CESのIntelブースで技術デモ披露
  • 誰でも『Fallout 4』の主人公になれる技術がヤバい―CESのIntelブースで技術デモ披露
  • 誰でも『Fallout 4』の主人公になれる技術がヤバい―CESのIntelブースで技術デモ披露
  • 誰でも『Fallout 4』の主人公になれる技術がヤバい―CESのIntelブースで技術デモ披露
  • 誰でも『Fallout 4』の主人公になれる技術がヤバい―CESのIntelブースで技術デモ披露
  • 誰でも『Fallout 4』の主人公になれる技術がヤバい―CESのIntelブースで技術デモ披露
  • 誰でも『Fallout 4』の主人公になれる技術がヤバい―CESのIntelブースで技術デモ披露
  • 誰でも『Fallout 4』の主人公になれる技術がヤバい―CESのIntelブースで技術デモ披露
  • 誰でも『Fallout 4』の主人公になれる技術がヤバい―CESのIntelブースで技術デモ披露

ラスベガスで開催されているCES 2016の会場にて、誰でも『Fallout 4』の主人公になれる技術が披露されていましたのでご紹介。

URANIOMが開発したこの技術は、人物の顔を3Dスキャンし、『Fallout 4』などのゲームキャラクターの顔にしてしまうというもの。会期中、CESのIntelブースにて披露されており、1月5日に行われたIntelのKeynoteスピーチでもCEOの顔を取り込んでゲームのキャラクターにしてしまうというパフォーマンスを行いました。




専用アプリを起動させたタブレットのカメラで、人物の顔をぐるっと撮影すると3Dデータとなり、ほんの少しの調整を行うだけでゲームキャラクターとして表情豊かに動き出します。

この技術により、時間をかけて自分そっくりにアバターを作る必要がなくなる…かもしれません。

《Daisuke Sato》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 38 件

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム機 アクセスランキング

  1. 近未来感がスゴイ…複合現実デバイス「HoloLens」で遊ぶ『Rocket League』プレイ映像

    近未来感がスゴイ…複合現実デバイス「HoloLens」で遊ぶ『Rocket League』プレイ映像

  2. 【特集】「Steamコントローラ」開封&使用レポ―Valveの提案する全く新しいコントローラをついに体験

    【特集】「Steamコントローラ」開封&使用レポ―Valveの提案する全く新しいコントローラをついに体験

  3. バンダイナムコ、大型VR施設「VR ZONE Shinjuku」を期間限定オープン!

    バンダイナムコ、大型VR施設「VR ZONE Shinjuku」を期間限定オープン!

  4. Vive新型ヘッドセットが発表、「Daydream」採用の完全ワイヤレス仕様

  5. 仮想空間でフレンドとの交流も!「SteamVR Home」のベータが開始

  6. 『ボーダーランズ3』は複数の惑星が舞台?Gearbox社長が「開発中タイトル」の画像を公開

  7. 世界初の3画面ノートPC「Project Valerie」が発表!―Razerのコンセプトデザイン

  8. AVerMediaキャプチャーボード「Live Gamer HD」シリーズが予約開始、低遅延で大会/イベント配信にも最適

  9. スローモーFPS『SUPERHOT VR』リリース!VRでスタイリッシュアクション

  10. PS4用コントローラ変換コンバータ「ツナイデント4Pro」11月11日発売、PS3用やXboxOne用に対応

アクセスランキングをもっと見る

page top