誰でも『Fallout 4』の主人公になれる技術がヤバい―CESのIntelブースで技術デモ披露 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

誰でも『Fallout 4』の主人公になれる技術がヤバい―CESのIntelブースで技術デモ披露

ラスベガスで開催されているCES 2016の会場にて、誰でも『Fallout 4』の主人公になれる技術が披露されていましたのでご紹介。

ゲーム機 技術
誰でも『Fallout 4』の主人公になれる技術がヤバい―CESのIntelブースで技術デモ披露
  • 誰でも『Fallout 4』の主人公になれる技術がヤバい―CESのIntelブースで技術デモ披露
  • 誰でも『Fallout 4』の主人公になれる技術がヤバい―CESのIntelブースで技術デモ披露
  • 誰でも『Fallout 4』の主人公になれる技術がヤバい―CESのIntelブースで技術デモ披露
  • 誰でも『Fallout 4』の主人公になれる技術がヤバい―CESのIntelブースで技術デモ披露
  • 誰でも『Fallout 4』の主人公になれる技術がヤバい―CESのIntelブースで技術デモ披露
  • 誰でも『Fallout 4』の主人公になれる技術がヤバい―CESのIntelブースで技術デモ披露
  • 誰でも『Fallout 4』の主人公になれる技術がヤバい―CESのIntelブースで技術デモ披露
  • 誰でも『Fallout 4』の主人公になれる技術がヤバい―CESのIntelブースで技術デモ披露

ラスベガスで開催されているCES 2016の会場にて、誰でも『Fallout 4』の主人公になれる技術が披露されていましたのでご紹介。

URANIOMが開発したこの技術は、人物の顔を3Dスキャンし、『Fallout 4』などのゲームキャラクターの顔にしてしまうというもの。会期中、CESのIntelブースにて披露されており、1月5日に行われたIntelのKeynoteスピーチでもCEOの顔を取り込んでゲームのキャラクターにしてしまうというパフォーマンスを行いました。




専用アプリを起動させたタブレットのカメラで、人物の顔をぐるっと撮影すると3Dデータとなり、ほんの少しの調整を行うだけでゲームキャラクターとして表情豊かに動き出します。

この技術により、時間をかけて自分そっくりにアバターを作る必要がなくなる…かもしれません。

《Daisuke Sato》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム機 アクセスランキング

  1. FPSに最適!?ガングリップ型ゲーミングマウス「Ragnok」発売開始ー没入感たっぷり…かも

    FPSに最適!?ガングリップ型ゲーミングマウス「Ragnok」発売開始ー没入感たっぷり…かも

  2. 「NEOGEO mini」&「NEOGEO mini INTERNATIONAL Ver.」生産終了ー「サムライスピリッツ限定セット」は販売継続

    「NEOGEO mini」&「NEOGEO mini INTERNATIONAL Ver.」生産終了ー「サムライスピリッツ限定セット」は販売継続

  3. VR中にもキーボードを打てる!―LogitechがViveトラッカーを使用した新技術を開発

    VR中にもキーボードを打てる!―LogitechがViveトラッカーを使用した新技術を開発

  4. ゲーミングデバイスメーカーMad Catz復活!マウス「R.A.T.+」3モデルで日本市場に再参入

  5. VRでスパイダーマン体験『Spider-Man: Far From Home Virtual Reality』無料で配信開始

  6. HORI『デモンエクスマキナ』仕様のスイッチ向けグリップ型コントローラー発表!9月発売

  7. VRリズムゲー『Beat Saber』上級者の動きが速すぎてSteamVR更新―コントローラー認識速度の限界を拡大

  8. 『フォートナイト』同梱のXbox One Sバンドルが海外発表! 限定スキンも付属

  9. 純金とダイヤモンドで装飾されたPS4コントローラー登場―恐ろしくてレバガチャできない…【UPDATE】

  10. NVIDIA、『Atomic Heart』などのRTX技術デモを3本配信中ーレイトレーシングをこの手に

アクセスランキングをもっと見る

page top