Xbox One国内発売記念!『Titanfall』の開発元Respawnにインタビュー | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Xbox One国内発売記念!『Titanfall』の開発元Respawnにインタビュー

新規開発チームRespawn EntertainmentのマルチプレイFPS『Titanfall』。PC / Xbox 360で発売済みではありますが本作はマイクロソフトの新ハードXbox Oneの主力タイトルのひとつとなっています。

連載・特集 インタビュー
ビデオ通話越しに笑顔を見せているのはRespawn Entertainmentのコミュニティーマネージャー Abbie Heppe氏。
  • ビデオ通話越しに笑顔を見せているのはRespawn Entertainmentのコミュニティーマネージャー Abbie Heppe氏。
  • Xbox Oneのコントローラーを実際に触らせていただきました。トリガーの感触が良かった印象。
  • Xbox One国内発売記念!『Titanfall』の開発元Respawnにインタビュー

『Call of Duty』シリーズをはじめ数々の名作FPSを生み出したRespawn Entertainmentが送る、新規IPのマルチプレイFPS『Titanfall』。PC / Xbox 360で発売済みながら、本作はマイクロソフトの新ハードXbox Oneの主力タイトルのひとつです。

この度、日本マイクロソフトのオフィスにて、Respawn Entertainmentのコミュニティーマネージャー Abbie Heppe氏に、9月4日のXbox One国内発売を記念したビデオインタビューを行う機会を得られたので、その模様をお届けします。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

――Xbox 360/PC版『Titanfall』の発売から3ヶ月が経とうとしていますが、振り返ってみていかがですか。

Abbie Heppe: ベータテストではユーザー数が200万人を超え、たくさんのフィードバックを頂きました。一生懸命期待にそえるよう、マッチメイキングの部分をよりハイレベルなものに変えたり、既にあったコンテンツの部分を強化するなど、出荷にこぎつけるまでにたくさんの事をやらなければいけませんでした。ご存知の通り本作はマルチプレイ要素が含まれていますので、ローンチ後もチームメンバーは休み無く作業をしていました。

そしてファンの方々からは本作のシステムや武器に対する評価をいただき、いつもプレイしている動画を私に送ってくれるユーザーもいました。PAX Eastではタイタンの格好で私に話しかけている人もいて、楽しかったです。Xboxのアップデートについてはコミュニティーの方で積極的なやり取りが行われていて、バグについても情報を頂き修正しています。非常に大変ではありますが、学ぶべき事も多かったです。

――第2弾ダウンロードコンテンツのリリースについて教えてください。

Abbie Heppe: まだ公表はされていませんが、現在はテスト、構築作業中ですので詳細については近々お知らせできるかと思います。それから6月9日から開催されるE3 2014のほうで公表できる部分の中には、DLCと一緒に配布されるフリーアップデートの中身がお見せできるようになっています。


――現状の問題としてダウンロードコンテンツの有無によってユーザーが分散し、マッチメイキングに時間がかかるなどがありますが、これらの対策をするプランはありますか?

Abbie Heppe: そこのところは私達チームでも認識しておりまして、懸念のひとつとなっています。Xbox Oneの場合はユーザーベースの数的にそれほど問題にはなってはいませんが、より良いマッチメイキングを目指すために積極的に改善を試みています。サーバーの移転ということで新しいデータセンターに移管しますし、スキルレベルが同じユーザーが対戦できるようにしています。

またユーザーがどのフィールドで戦闘しているのか、どういった戦闘体系をとられているのか、どのモードを利用しているのかなど見ていますので、それにあわせて継続的に改善をしていきたいです。最近ではネットワークエンジニアがどういった形でマッチメイキングしているかをTitanfallBlogに公開していますので、見ていただければと思います。


――現在では多くのプレイヤーがGen10に到達していますが、Gen10限定の特典やジェネレーションのキャップ解放などはありますか?

Abbie Heppe: それについてもやはりユーザーから多くの意見が届いており、現在デザインチームの方で検討しています。ローンチ後、こんなに早く多くのユーザーがGen10に到達するとは思っていなかったので驚きでもありました。


――クランシステムがあるとTitanfallがe-Sportsとしても盛り上がると思うのですが、そういったプランはありますか。

Abbie Heppe: その部分についてはe-Sportsのコミュニティから非常に強力な声をいただいていますが、まだ手をつけていません。やはりローンチ後の試みにおいてはプライベートマッチや新しいモードなど、全員のユーザーが楽しめる事を第一としてそういったアップデートに注力してきました。



――Titanfallを初めてやる方のために、上達方法を伝授していただきたいです。

Abbie Heppe: 初心者の方はまず地上に降りてみる、壁に上ってみるとかそういったことから初めて、メカニックスの使い方を試して事をおすすめします。私自身もそうでしたが、そうやっている中でプレイスタイルも変えていきたいという事になると思いますし、動きも早くなり、スキルの高いシューターになっていくと思います。

プレイスタイルの部分で上手くなってきたら、例えば壁にのぼってぶら下がってみたり、パイロットの状態で戦闘している時も、タイタンに対抗にしてみたりといろんなやり方がありますので恐れずに挑戦してみてください。やはりゲームにおいては状況判断能力が大切ですから、自分がどういった状況におかれているのか、何をすべきなのか、トレーニングをしている感覚で遊ぶと面白いかと思います。マップの中には初心者でも気付けるような部分も用意されていますので、いろいろ試してみてください。


――最後に日本のゲーマーにひとことお願いします。

Abbie Heppe: タイタンフォールを心待ちにしていただいてありがたく思っています。マップの中に日本から影響を受けた部分が多くありますので見ていただきたいです。たくさんのユーザーから意見をいただいており、それらを反映していきたいと思っていますので、日本のゲーマーさんも一度お手に取ってプレイしていただければと思います。


――ありがとうございました!

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

なお、本日6月2日より、Xbox 360版『Titanfall』をXbox LiveゴールドメンバーシップやXbox 360本体とまとめて購入すると、最大4000円引きとなるキャンペーンもスタートしているので、気になるゲーマーはチェックしておきましょう。
《milkydrift》

編集部おすすめの記事

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top